ひぽぽたます

Life is one time only

野菜ジュース 青汁

国産野菜へのこだわり。ミリオン国産緑黄色野菜ジュースを毎日飲もう!

投稿日:2018年5月23日 更新日:

ミリオン国産緑黄色野菜ジュースの成分や効果についてご紹介します。ミリオン国産緑黄色野菜ジュースは、国産の野菜を22種類、260グラムも使用しています。ミリオンの国産緑黄色野菜ジュース缶に記載されている原材料名をみるとさらに数は多いです。ここでは原材料の有効成分、効果について確認をしてみましょう。

原材料の有効成分は?

ミリオンの国産緑黄色野菜ジュースに含まれる原材料と成分についてご紹介します。

にんじん

ミリオン国産緑黄色野菜ジュースは品名をにんじんミックスジュースとなっています。にんじんが中心的位置を占めているのです。にんじんの朱色はファイトケミカルのカロテン、そしてリココピンに由来しているものです。ともに強い抗酸化作用があってがん、生活習慣病を予防する効果があるといわれています。特に豊富に含まれるβ-カロテンは、免疫力を高めます。肺ガンや膵臓ガンを抑える働きがあるということがわかっているのです。

またカロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康な状態にして目の機能を強くするのです。さらにミネラルや食物繊維も豊富に含まれており、リン、カルシウムは胃腸や肝臓を強くして、骨や歯を丈夫にします。カリウムは血圧を下げる作用や、体内の水銀を体の外へと排出する作用があります。食物繊維は便秘解消にもとても役立ちます。

抗酸化力のある成分は皮の部分にたくさん含まれていますので、ミリオンの野菜ジュースはにんじんをまるごと使用するようにしているのです。

にんじんはビタミンCを破壊してしまう酵素アスコルビナーゼを含んでいます。しかし、この酵素は熱にとても弱いので、ミリオンの野菜ジュースは低温処理したにんじんを使用しています。つまり、他の野菜のビタミンCが熱で壊れてしまうことはありません。

かぼちゃ

かぼちゃに豊富に含まれているのは、β-カロテンとビタミンEです。カロテンは血管壁や皮膚・粘膜を強くしたり、動脈硬化を予防、改善する効果があるといわれています。さらに鳥目、眼精疲労、風邪や肺炎などの感染症を予防するうえで効果的です。かぼちゃのビタミンE含有量は、野菜の中でもトップクラスです。非常に高い抗酸化作用があって、生活習慣病、がん予防、血行を良くするなど数多くの効果を実感できます。食物繊維も豊富で、便秘の改善や動脈硬化の予防効果も高いのです。

ブロッコリー

ブロッコリーには、強い抗酸化作用と解毒作用があり、その抗酸化作用と解毒作用によってがんの発生を予防するスルフォラファンが含まれているのです。さらにまたビタミンC、β-カロテンの含有量も多いです。皮膚の美容、風邪予防にとても効果的といわれているのです。ビタミンC、カロテンはつぼみの部分よりも茎に多く含まれており、ブロッコリーも全体を食べることによって養分が摂取されます。

ほうれん草

ほうれん草は栄養豊富な野菜として知られています。実際カロテン、B群、C、E、葉酸、さらにはビタミンKなどといったビタミンが豊富に含まれています。ビタミンCは、AやEとともに摂取することでより抗酸化作用が高くなります。
報連相のビタミンCは冬場が最も豊富になります。

またほうれん草は鉄、マンガン、亜鉛、マグネシウム、ヨード、リン、カリウムなどのミネラルが含まれています。鉄分は牛レバーに匹敵するくらいに大量に含まれており、貧血、虚弱体質の方におすすめです。さらにほうれん草はリジン、トリプトファン、シスチンなどといったアミノ酸を含んでいるので、タンパク源にもなります。

ピーマン

生のピーマンは青臭く、子供は食べるのを嫌がるものですが、臭いのもととなっているピラジンは血液をきれいにします。また、ピーマンにはビタミンCが豊富に含まれており皮膚の健康、風邪予防にも効果的です。

また毛細血管を強くするポリフェノールの一種であるルチン、βカロテン、ビタミンEが大量に含まれていますので、脳出血や出血性疾患、潰瘍などの治療にも効果的なのです。緑ピーマンの色素成分葉緑素は体の中にある必要のないコレステロールを排出する働きもあり、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病を予防する効果もあります。

パセリ

パセリは、にんじんと同量のβ-カロテン、B群、C、Eなどのビタミン類、鉄、カルシウム、リン、イオウ、カリウムなどのミネラル、>食物繊維を豊富に含んでいます。殺菌作用を持ち、食中毒の予防、消化不良の防止、口臭予防、利尿作用、眼病・内分泌の病気の予防、肝機能強化など、たくさんの効果を持っています。

クレソン

クレソンの辛味は、大根にも含まれるシニグリンという成分によって生まれています。利尿効果や食欲増進効果があります。またクレソンには抗菌効果や血液酸化防止といった効果もあるといわれています。緑黄色野菜になりますのでクレソンもβカロテンを含んでおり、がん抑制作用や、動脈硬化予防に効果的ですので、クレソンもβ-カロテンを含み、ガン抑制作用、動脈硬化予防作用を持ち、体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚、髪の健康維持、視力維持、喉や肺などの呼吸器系統を守る働きがあると言われます。

チンゲンサイ

チンゲンサイは、ビタミンC、β-カロテン(ビタミンA)などといったビタミン類や鉄、カルシウム、リンといったミネラル成分や食物繊維が豊富に含まれています。特にβ-カロテンはピーマンの約6倍も多く含まれているのです。これらの栄養成分により、チンゲンサイは、風邪の予防、お肌の健康を維持するなど様々な効果を得ることができます。貧血の予防、便秘の改善、生活習慣病予防といった色々な効果を期待することができます。

しそ

しそは普通、刺身のつまか香りづけなどとして使用されるのですが、β-カロテン(ビタミンA)、B1、B2、Cなどのビタミンをはじめ鉄、カルシウム、リンといったミネラル、クロロフィルといったものを多く含んだ緑黄色野菜になります。特にβ-カロテンの含有量はブロッコリーの約13倍と多く含まれています。

非常に高い抗酸化作用を持っている日本の西にあるビルある人は食欲を増進させると同時に強い防腐作用があります。その他にもリノール酸やアルファリノレン酸戸板不飽和脂肪酸が多く含まれていますので脳卒中や動脈硬化の予防に効果があると言われています。

小松菜

ベータカロテン、ビタミン C が豊富に含まれていて皮膚や粘膜を保護してコラーゲン生成を促進しますので美肌作用があります。ミネラルを豊富に含んでおりカルシウムの量が牛乳を越えて野菜の中ではトップクラスです。仕上がって骨や歯を強くして骨粗鬆症を予防するなどといった効果も期待できるのです。牛乳の弊害が指摘される現在において小松菜の力には非常に注目が集まっています。

よもぎ

模擬は栄養価が非常に豊富に含まれておりタンパク質やビタミン A、 ビタミン B 2やビタミン C などといったビタミンが豊富に含まれておりミネラルもたくさん含まれています。整腸作用も高く血液を浄化する働きがありますので癌を予防したり糖尿病や高血圧・リウマチ・貧血・胃腸病・歯槽膿漏に効果を期待することができます。

ケール

ケール青汁の原料としてよく使用されますがキャベツの原種です。がん抑制効果が非常に大きいベータカロテンを多く含んでおりその量はブロッコリーの8倍とも言われています。ケールはスルフォラファンと呼ばれる辛味成分を多く含んでいますがこれには抗酸化作用がありますので抗菌性や発がん抑制効果があり乳がんの予防には高い効果を期待することができます。

淡色野菜

レタスは95%が水でカロリーを非常に低いのですがそれでいてビタミンやミネラルと言った 栄養素が豊富に含んでいます。カロテンは体の老化エアガンを予防すると同時に免疫力を活性化して風邪を予防したり美肌効果を高めたりすることができます。ビタミン E は血液の循環を良くします。カリウムは利尿作用を高めて鉄分は貧血予防効果を期待することができます。特に多く含まれているマグネシウムは筋肉組織や脳の神経細胞の新陳代謝を活性化させこれらの組織の健康を保つことができます。

セロリ

 
セロリの葉っぱの部分にはカロテンが豊富に含まれていますので葉や茎全体を食べるのが理想的です。セロリはビタミンa やビタミン B 1ビタミン B 2などといった養分を豊富に含んでおり赤血球の原料となっているマグネシウムや鉄分を多く含んでいますので貧血を予防したり生理不順や更年期障害を予防する上でも効果的です。カルシウム豊富に含んでいますのでイライラとした気持ちを落ち着かせる作用もあります。含有成分のメチオニンは肝臓の働きを強化すると同時にピラジンは血栓を溶解して血液をサラサラに行きますので心筋梗塞や脳梗塞に効果的なのです。

1日に必要な緑黄色野菜の量をこえる

緑黄色野菜はビタミン C やビタミン K さらにはカロテン多く含んだ野菜ですので炭水化物がエネルギーに変わる手助けをしたり血管や粘膜さらには骨を正常に保つなど健康維持に重要な働きをしています。

厚生労働省が示唆している1日あたりの緑黄色野菜の摂取推奨量は120グラムですがミリオンの国産緑黄色野菜ジュースは2.16倍という260グラムを凝縮しています。成人の場合には野菜全体の摂取推奨量350グラムには届きませんのであと90グラムほどは補わなければなりませんが子供の場合はこの野菜ジュースだけでも十分に野菜を摂取することができます。野菜を調理する時間がない人や野菜中心の食事をすることができない人は国産緑黄色野菜ジュースを摂取することで効率よく野菜を摂取することができます。

旬の野菜を22種を厳選して使用

ミリオンの国産緑黄色野菜ジュースというのは安全性を重視しており国産野菜を原料としています。旬の野菜を使っているので、栄養価も高いですし春や夏に作られているジュースというのはみずみずしく、冬に作られたジュースは濃厚であり非常にコクのある仕上がりになっているのです。

野菜の甘味と食感を生む製法

ミリオンの国産緑黄色野菜ジュースは、普通の野菜ジュースのように絞り汁だけを使用して作っているのではありません。栄養分のある皮の部分もまるごと余すことなく野菜を使用する、ということにこだわっているのです。それは新しい製法の開発につながっており、野菜の旨味を引き出す温野菜製法を使用して皮ごとピューレのような仕上がりにしています。

このようにしてミリオンの国産緑黄色野菜ジュースというのは、生の野菜汁のような青くささもありませんし、飲みづらさもありません。素材が持っている本来の甘味を自然に出すことができている食物繊維豊富な濃厚野菜ジュースなのです。

野菜嫌いのお子様のなかには、ピーマンが嫌いという方も多いですが、ピーマンが入っているなんて思いもしないほど美味しい野菜ジュースになっているんですよ。このジュースで野菜の美味しさを実感して、そこから野菜の本当の美味しさに気づき野菜嫌いを克服したという人も多いのです。

余計なものが入っていません

塩分、砂糖不使用で保存料や着色料なども含まれていません。もちろん香料も無添加です。

ミリオンの国産緑黄色野菜ジュースですが、1缶あたりのカロリーは67キロカロリーです。塩分・砂糖は不使用ですので、塩分や糖分をとりすぎてしまうのが気になる方、健康を気にしている方、ダイエットをしている方にとって心配になることもありません。このジュースの甘味は、野菜が本来持っている甘味なので、肥満の原因になることもありません。また、保存料、着色料、香料は一切添加されていないので添加物を気にしている方も安心して飲むことができます。特に小さなお子様や妊娠中の方の場合には口にするものの安全性も重要視されていますが、ミリオンの国産緑黄色野菜ジュースは安心です。

温野菜製法

温野菜製法では、野菜に含まれる酵素、ビタミン類が活性を失うことを避けるのは難しいです。この野菜ジュースを購入した時同梱される案内の中にはミリオン国産緑黄色野菜ジュースQ&Aというページを見ると、ビタミンが熱によって破壊されてしまうのではないかと思われると思います

しかし国産緑黄色野菜ジュースは短時間・低温で加熱します。野菜ごとの加工法によって製造しているのです。

必要な栄養素をしっかりと維持したままで、栄養分がたっぷりのジュースを摂取できます。野菜本来の旨味、栄養素をぎゅっと凝縮している野菜ジュースですので、非常に魅力的なのではないでしょうか。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

ひぽぽたますではテンプレート「AFFINGER(アフィンガー)」を利用しています。今まで数々のテンプレートを利用してきて ...

3

新たな仮想通貨である、m-plusコイン(エムプラスコイン)のICO・トークンセール情報が入ってきました。次から次に新し ...

-野菜ジュース, 青汁
-,