ひぽぽたます

Life is one time only

脱毛 脱毛器

Leeo(リーオ)はIPL光脱毛器として高い効果と評価を受けている脱毛器

投稿日:

IPL光脱毛器「Leeo(リーオ)」のキャンペーン

使った人の94%が満足してるLeeo(リーオ)は現在キャンペーンにて、19,800円(税1,467円)で提供されています!

LeeO BIPL-LD5500P
製品カラー サクラパール / PINK
ランプ Xenon
照射レベル 3
本体サイズ(mm) 200mm×80mm×60mm
本体重さ(g) 500g
電源 (内臓)充電式バッテリー(リチウムバッテリー)
充電時間 約70分
使用時間 60分
定格入力 100-240VAC 50/60Hz 1.5A
消費電力 38W

IPL光脱毛器は「Leeo(リーオ)」のおすすめの理由

IPL光脱毛器はLeeo(リーオ)をはじめ、家庭用脱毛器というのは販売をしているメーカーの種類によって、肌への負担はもちろん、痛み、脱毛器の価格や効果を感じはじめるまでの期間に違いがでます。

脱毛器それぞれにメリットもあればデメリットもありますので、自分でどのように使いたいのか、どのような効果を求めるのかなど、色々な条件があります。そのためメーカー別の脱毛器の特徴を把握してから購入しなければ使用せずに処分しなければならなくなることもありますので、注意してください。

自己処理派の人に知っておいていただきたいことは、家庭用脱毛器を使用した脱毛方法がどのくらいおすすめなのかです。最近の家庭用脱毛器というのは以前のものに比べると非常に機能が高く、脱毛効果も脱毛サロンと同じような効果を期待できます。1家に1台あれば家族全員で共有できますのでコスパも抜群です。数ある家庭用脱毛器の中でも購入価格を重視される方におすすめなのがIPL光脱毛器はLeeo(リーオ)です。家庭用脱毛器でとてもリーズナブルな価格で販売されているのが、IPL光脱毛器はLeeo(リーオ)ですが、どのくらいの脱毛効果があるのかはとても気になるポイントだと思います。

価格が高すぎると手が出せないものの、少しだけ頑張れば購入できる価格なのであれば、購入しても良いかもしれない…と思いますよね。しかし、安ければいいと簡単に考えていると、後悔することになるかもしれないので、十分に調査をしておくようにしましょう。

失敗せず、賢い買い物をするためには事前にチェックをしておくことが重要です。

IPL光脱毛器「Leeo(リーオ)」の魅力

やはりIPL光脱毛器Leeo(リーオ)は自宅で手軽にできる脱毛だということです。まずコンパクト設計で持ち運びがとても簡単です。リーオ本体の画像を見るとわかりますが、とても持ちやすい形状、そしてゴツゴツした雰囲気もなく、とてもコンパクトですよ。カバンにすぐに入れられます。

洗面台の下やリビングの引き出し、テレビ台などに置くことができます。すぐに手に届く場所におけるものであれば、気軽にムダ毛を処理できるようになります。使用する機械が大きいと、持ってくるだけでも面倒に感じてしまいますよね。そうするとせっかく買ったのに、使わないまま放置してしまい、無駄になってしまうこともあります。

リーズナブルな価格で入手できるのも魅力の一つです。家庭用脱毛器の中で、リーオはトップクラスの低価格で購入が可能です。有名なケノンの場合、約8万円程度の予算は必要になります。しかし、リーオは約3万円程度で購入が可能です。価格がリーズナブルですので、機能面では簡略化されています。ですが、口コミにもあるように脱毛効果は十分にあります。
※現在キャンペーン中に付き、19,800円(税1,467円)です。

さらに、リーオは脱毛用カートリッジだけではなく、スキンケア用カートリッジもついています。脱毛器は通常肌に密着させて光を照射する部分のことをカートリッジというのですが、リーオには「脱毛用」と「スキンケア用」との2つの種類が付属しています。スキンケア用というのは名前の通り美肌効果を得るためのカートリッジになります。

脱毛効果、そして美肌効果まであるリーオはとてもおすすめです。肌への密着後に照射という安全設計もまたセルフ脱毛初心者の方にとって安心です。誰でも使えるからこそ、安全に使用できるのかどうかは非常に大きなポイントになります。誰かがふと触ってしまい光が照射されるようなことがあってはなりません。何が起きるかわからない怖さがあってはなりません。

しかし、リーオはリーズナブルな価格ながらもきちんと安全設計がされているので、お肌に密着していなければ光が照射されること自体ありません。間違って押してしまう失敗がありませんのでカートリッジを無駄遣いしてしまうこともないのです。

IPL光脱毛器「Leeo(リーオ)」の妊娠時の使用は?

女性が妊娠すると体には様々な変化が起きています。それは、おなかの赤ちゃんを守り妊娠状態を継続させるため、黄体ホルモンが大量に分泌されます。そしてホルモンバランスが大きく変化するのです。そのため体毛が増えたり濃くなったりすることもあります。妊娠期間中にIPL光脱毛器を購入されて自宅でケアを使用と考えている人もいると思います。

IPL光自体おなかの赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、妊娠中にはお肌の状態が変化します。妊娠中は肌も今まで以上に敏感になっているので、IPL光を照射しただけでも痛みを感じてしまったり、皮膚に刺激を与えてしまうこともあります。

妊娠中にはIPL光は控える

そのため、妊娠中は特にデリケート部分のIPL光脱毛器の使用は避け、ウデや足、ワキなど痛みを感じにくい部分で使用することをお勧めします。出産後は妊娠中から引き続き、ホルモンの分泌バランスが変化します。

妊娠中の黄体ホルモンから母乳を生成させるためのプロラクチンやオキシトシンというホルモンの分泌が活発になります。その影響で妊娠中よりも体毛が増えたり濃くなったりすることもあります。出産後はお肌の状態そのものが敏感で揺らぎやすいので、出産前に比べると痛みを感じやすい傾向にあります。妊娠中と同様にデリケートな部分のIPL光脱毛器の使用はできるだけ避けるようにして、腕や足、ワキなど痛みを感じにくい部分で使用するというのがおすすめです。少しでも痛みを感じたら無理に使い続けようとはせずに、お肌の状態に合わせて負担にならないように施術を行うべきです。

ホクロやシミにも注意

また、ホクロやシミにも注意が必要です。IPL光は黒いものに反応するのですが、その場合にはホクロはどうなるのでしょうか。ホクロはメラノサイトが密集している場所ですので、何もしなければIPL光を強く吸収しすぎてしまうので痛みを感じたり、皮膚に刺激を与え過ぎてしまうこともあります。そのためホクロのある部分にはIPL光が直接あたらないように保護するということが重要です。

薄いホクロであればファンデーションなどで隠して光が吸収されないようにしたり、ファンデーションで隠れない程度のホクロは絆創膏を小さく切ってからIPLを使用するのがおすすめです。

リーオの料金をエステなどと比較

ムダ毛の処理を減らすために必要なケアというのはやはり脱毛です。脱毛ができるのは、サロン・クリニック・家庭用脱毛器の3パターンがありますが、プロに任せるのであれば、ある程度の費用がかかります。どれだけ費用に差が出るのかもしっかりと確認をしておきましょう。サロンやクリニックについては平均価格を参考に、そして家庭用脱毛器はリーオを参考にチェックしていきます。

1回に必要な料金は、サロンであれば1万円前後で、クリニックなら5万円前後、リーオの場合には100円以下となります。

脱毛が完了するまでに必要な総額で考えると、サロンは15万円前後かかります。クリニックは平均すると40万円から50万円必要になります。リーオの場合には本体価格である19,800円だけで済みます。脱毛効果は、サロンだと自己処理が不要になるまで、クリニックだと永久脱毛まで、リーオは自己処理回数が大幅に減少し、不要になることもあります。

結局どの方法が一番良いの?

サロンはプロに施術をしてもらえるので安心感があります。クリニックに比べるとリーズナブルな料金で施術が可能です。施術の痛みは、部位によっては強い痛みを感じることもあります。クリニックの場合には脱毛効果をすばやく実感できて、永久脱毛も可能です。施術スタッフも医療従事者であり、万が一のお肌トラブルもすばやく対応してもらえます。

リーオは、自宅でできますので時間に制限がありません。ちょっとした空き時間で、リーズナブルな価格で施術をすることができます。

ただ、サロンは人気店の場合、予約が取りづらいですし脱毛効果を実感しにくいこともあります。万が一のトラブルに対してドクターサポートがあってもすぐに対応はしてもらえないことが多いです。クリニックは費用がかなり高額になります。施術時にはレーザーのパワーが強いですので痛みも強く感じます。痛みをほとんど感じない脱毛機の採用も勧められていますが、それでもサロンに比較すると痛みは強くなります。

リーオは全て自己責任になりますが、パワーを選べるので、肌に合ったレベルを選びやすいです。ただ、あまりにもパワーが強いとお肌トラブルを引き起こしやすくなります。

リーオでの脱毛をさらに深掘り

リーオの脱毛のメリットをさらに深く掘り下げていきます。リーオの脱毛効果を実感している家で脱毛できると2つの内容に絞られました。中には男性が愛用されている口コミもあります。ヒゲにも効果が出たと喜びの声が多く、リーズナブルな価格にも関わらず、脱毛効果を感じているのは魅力的ですよね。さて脱毛というのは、ムダ毛の処理方法の中で唯一毛が生えなくなる方法なんです。ムダ毛の処理方法は、毛抜きやカミソリ、除毛クリームなどといった色々な種類がありますが、自宅でできる処理方法というのは除毛が基本なのです。

リーオの脱毛と除毛の違い

除毛と脱毛の違いをご存知でしょうか。除毛とは、一時的に毛を切ったり抜いたりするだけで時間が経過すると次第に伸びてきます。その一方で脱毛とは、毛を根元から取り除く行為のことです。1回だけ処理をすれば二度と生えてこなくなるのかといえばそんなことはありません。繰り返し脱毛を行うことで、毛の根元の部分が弱まります。そして、毛が生えてくるスピードが落ちて細く、柔らかい産毛の状態になっていき、、どんどん細く柔らかい産毛の状態になり、最終的にはほとんど自己処理が不要になります。

脱毛は機械を使用しなければなりません。脱毛機の大きな違いはそのパワーです。医療クリニックで使用される脱毛機が一番照射パワーが強いです。そして痛みも強ければ脱毛効果も早く感じることができます。

サロンでの光脱毛の脱毛器の照射パワーはクリニックのものよりもお取りますが、痛みはありません。その分毛が生えてこなくなるまでには時間がかかります。

家庭用脱毛器は、誰でも気軽に使えて自宅で好きな時に脱毛できますが、その分時間がかかります。それでも自分の好きな時に、好きなように脱毛できるというのは忙しい人にとっては非常に魅力的なものなのではないでしょうか。

IPL光脱毛器「Leeo(リーオ)」の口コミ

Leeo(リーオ)は安い!

家庭用脱毛器はたくさんありますが、その中でもリーオはとても安く、脱毛効果があるとしてしられています。値段が安い分、脱毛をするのに時間がかかってしまうのですが、とてもシンプルですので、面倒な操作をしなくて良いので助かっています。

充電式で持ち運び便利で、簡単に使える!

充電式なので場所を選びませんし、コンパクトですので持ち運びにもとても便利です。高額な家庭用脱毛器は沢山ありますが、いろいろな機能がついていますのでアナログ人間の私には難しいかな…と思いましたが、全然難しくありませんでした。短時間で脱毛したい人よりも、空いた時間でサクサク脱毛したい、という私タイプの人にはおすすめですよ。

毛が生えてこなくなった

実家の母が購入していたので、私もちょっと貸してもらったのですが、すごく脱毛が簡単にできたので試しに使用してみることにしました。母は途中で使うのが面倒になってやめたのですが、私は頻繁に使用しています。始めは痛いのかなと不安もありましたが、痛みは全く問題なしでした。効果はすぐには出ませんでしたが、暇な時に処理していたら、1ヶ月もしないうちに毛が薄くなりましたし、生えて来なくなりました。でもしばらくすると生えてくるので長期的にこまめに処理していると、かなり生えにくくなってきたと思います。

脱毛サロンより脱毛器

脱毛サロンに通っていましたが、予約を取るのが難しかったですし、完了までにかなり時間がかかりそうだったのでリーオを購入しました。ハンディタイプでとても持ちやすい形なのが良いです。広い範囲を処理するというのは時間がかかるのですが、細かい部分に照射しやすいというのはかなり魅力的だと思います。効果に関しては家庭用なのですぐに出るわけではありません。でも少しずつ毛の量が減っている感じがするので効果はあると思います。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

ひぽぽたますではテンプレート「AFFINGER(アフィンガー)」を利用しています。今まで数々のテンプレートを利用してきて ...

3

新たな仮想通貨である、m-plusコイン(エムプラスコイン)のICO・トークンセール情報が入ってきました。次から次に新し ...

-脱毛, 脱毛器