ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

小倉優子2度目の結婚なるか!幸せオーラ全開でも「再婚は焦っていない」

投稿日:

タレントの小倉優子(34)は8月30日、東京都内で行われていた「JAベジカレッジ」開校イベントに、ゲストとして登場しました。

8月27日に、歯科医師の一般男性との交際を公表してから初の公の場となり、幸せオーラを全開にしました。

今年6月から交際スタート!子供もなついている

イベント後の取材で当然交際について聞かれた小倉優子。
ためらうことなくハキハキと回答していきました。

小倉優子:「お付き合いを始めたのは今年6月です。その前からすでに知り合いで、お付き合いするまではゆっくり考えさせてもらいました。」

と、改めて交際が順調なことを報告しました。

小倉優子:「彼は子供たちのことを第一に考えてくれて、とても有難いです。
子供もなついてよく遊んでくれています。
今すぐ結婚するのでは?と報道にはありますが、再婚は焦っていません。ゆっくり進んでいけたらと思っています。」

と、再婚のタイミングも焦っていない様子です。

小倉優子:「お付き合いする前にも色々考えました。結婚前提のお付き合いですが、急ぐことでもないので。隠すこともないので、気になることがあれば私に聞いてください。」

と、交際をとことんオープンにする姿勢を見せ、報道陣を喜ばせました。

肌のツヤを褒められると、「ありがとうございます!今日パックしたので。」
と、幸せいっぱいに見える笑顔を見せました。

彼は「優ちゃん」と呼んでくれる

小倉優子:「彼は優ちゃんって呼んでくれています。
作ったものは何でもおいしいと言ってくれます。」

とノロけました。

「彼はフットボールアワーの岩尾望さんに似ていると言われてたんですが、彼自身は芸人さんが大好きなので、有名な芸人さんに例えてもらえて嬉しいと言っています。

実際は似てるとも似てないとも言えませんね…。」

と苦笑しました。

野菜のイベントということにちなみ、彼を野菜にたとえると何になるか?といった質問に、小倉優子は迷ったあげく、

「なす」

と答えます。

なすと答えた理由について尋ねると、「スリムだから」と回答しました。

報道陣から「焼くとおいしい」とまさかのフォローもあり、顔をほころばせました。

小倉優子:「いろいろ大変なこともありましたけど、いろいろ経験できたと思うようにしています。」

と前向きです。

コリン星にいて彼は知っているのかという質問に対して、「知っていると思います。」
と答えています。

親しみやすくて誠実な人

小倉優子は8月26日、共通の友人の紹介で知り合った一般男性と6月から交際を続けていることを発表しました。
関係者によると、交際中の男性はフットボールアワーの岩尾望(42)に似ている愛嬌のある誠実な男性と話しています。
再婚も視野に入れながら2人は交際していると言います。

小倉優子と言えば2011年、ヘアメイクアーティストの男性と結婚し、2人のお子さんを授かりましたが、2016年には離婚しています。

やさいスムージーにハマっている小倉優子

8月31日はやさいの日ということで、国産の野菜をPRするイベントに参加しました。
小倉優子はやさいスムージーを監修しています。

6歳の長男と一緒に試飲したと言っています。

小倉優子:「元々スムージーは大好きで、色々な野菜を使えたので楽しかったです。見た目もそうですが、成分もこだわりました。
野菜や果物って体にいいものばかりで嬉しいです。
たくさん飲んで夏の疲れをとってほしい。」

と、野菜スムージーを推しました。

小倉優子:「私自身野菜は大好きなので、子供たちにもたくさん食べてほしいと思っています。子供と一緒に毎月1回、畑に収穫体験に行っているんですけど、子供にとっても良い経験になると思っています。

一緒に作ると今まで食べてくれなかった野菜まで食べてくれるので、収穫したものを食べるようにしています。
と、幸せいっぱいの表情を見せました。

交際相手とも子供とも楽しく日々を過ごしている小倉優子、離婚騒動でゴタゴタがあっても、持ち前の明るさで乗り切る天性を感じます。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

おうちホームステイを体験してきました。おうちホームステイは詐欺?怪しい?などの口コミが多いため敬遠されがちですが、山内勇樹が開発したおうちホームステイの費用なども考えたうえでおすすめしていきます。是非1度おうちホームステイの動画講座を受講してみてください。

3

今話題のフルーツ青汁を知っていますか?フルーツ青汁はとにかく美味しい青汁として、以前まで毎日続けて飲むことが大変だった青 ...

-トレンド