ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

12月15日、指原莉乃がHKT48を卒業!ずっと悩んでいた?

投稿日:

HKT48で人気のメンバー指原莉乃(26)が、12月15日、東京水道橋にある東京ドームで催されたHKT48のコンサートで、AKBグループから卒業することを報告しました。

この電撃的な発表に、ファンも騒然。

卒業後、どのように活動していくかは未定ですが、すでに仕事の多くを占めているバラエティ番組で活躍していく可能性するようです。

AKBの総合プロデューサーである秋元康氏(60)は、会場で指原莉乃の卒業発表を見守りました。

指原莉乃、卒業するタイミングでずっと悩んでいた

秋元康氏のコメントによると、指原莉乃はここ数年、ずっと卒業しようかどうかで迷っていたと言います。

いつ卒業すればいいのかと、そのタイミングに迷っていたようです。
そしてとうとう、2018年内に、後輩に道を譲ることを決意したのです。

指原莉乃、卒業の決断を後押ししたのは…

宮脇咲良と矢吹奈子を送り出すにあたり、このピンチこそが、絶好のタイミングではないか?と決断したようです。

宮脇咲良(20)は、日韓が混合した国際的なグループ「IZ*ONE」の専任となります。

指原莉乃は卒業の発表と同時に、次のようにコメントしました。

指原莉乃:「ピンチを迎えようとしているこれからのHKT48と宮脇咲良、矢吹奈子、そして、指原莉乃を、これからも応援してください!」

指原莉乃のライバル渡辺麻友の反応は?

総選挙で、指原莉乃と互角に戦い、ライバルとされていた渡辺麻友は、最大のライバルである指原莉乃の卒業を、どのように見ているのでしょうか。

2014年には、指原莉乃を抜いて渡辺麻友(24)は、所属事務所を通じてコメントを出しました。

渡辺麻友:「さっしー、卒業おめでとうございます!長い間本当にお疲れさまでした!」

と、ねぎらいの言葉をかけました。

渡辺麻友は2017年いっぱいで卒業するまで、指原莉乃とは真逆の、典型的なアイドルのスタイルで芸能活動をしてきました。

渡辺麻友:「型破りなアイドル像を確立し、堂々と歩んできた活躍は、日本のアイドル業界に大きく刻まれると思います。」と、指原莉乃の功績を認め、同じグループ出身として誇らしいと称賛しました。

篠田麻里子、横山由依らが指原莉乃にエールを送る

AKB48の卒業生でもある篠田麻里子(32)は、ツイッター上で指原莉乃にエールを送りました。

篠田麻里子:「平成のアイドル 全力で楽しんで!
福岡行けたら行きたいな!」、絵文字を使い、仲の良さがうかがえました。

AKB48グループの総監督でもある横山由依(26)もツイッターに、

「さしこー、卒業発表お疲れ様でした。
いつもたくさん、ありがとうございます!!」

と、ねぎらいと感謝の気持ちを伝えました。
今年11月にNMB48を卒業した山本彩(25)は、指原莉乃が卒業を発表した12月15日に、ツイッターを更新します。

約4年前に撮影したとみられるツーショット写真をアップし、コメントには、「お互いの卒業について語り合ったこともあって、悩みを共有できたことのが嬉しかったです!」と、感謝の気持ちを伝えました。

柏木由紀(27)は、卒業を報告した指原莉乃に、返信する形で、ツイッター上にコメントをのせました。

柏木由紀:「ああ、貴重なおばさん仲間が…!お疲れ様でした!」と、冗談交じりにメッセージを返しました。

指原莉乃のプロフィール

出身地:大分県大分市
生年月日:1992年11月21日(26歳)
身長:159センチ
血液型:O型
家族構成:兄(教師)

小学校1年生の頃、「ASAYAN」でモーニング娘。の存在を知り、大好きになったと言います。

これをきっかけに女性アイドルに目覚め、自分もモーニング娘。のようになりたいと強く思うようになります。

その中でも亀井絵里の大ファンでした。
しかし亀井絵里がやめた途端、モーニング娘。への熱も弱くなってしまい、一回離れたこともあると明かします。

しかし1周回ってまた好きになり、新しくなりすぎたモーニング娘。に、また興味がわいてくるようになったと言います。

現在の目標の人物は、保田圭だと話しています。

20歳の時に出演した1月2日の新春番組では、秋元康から、「おしゃべりだからアイドル向きではない」と言われてしまいます。

そして放送作家に転身するようすすめられていた程でした。
倉持明日香と柏木由紀のモノマネを得意としており、バラエティ向きのアイドルとしても、地位を確立していきます。

指原莉乃の略歴

指原莉乃は大分県出身。
15歳の時、第2回研究生のオーディションに合格し、芸能プロダクション会社AKSの所属タレントとなります。
上京し、しばらくAKBの大家志津香(26)らと共同生活をしていました。
慣れない東京でのレッスンや劇場公演に、同じ家から通った地方出身のメンバーらは、今でも「地方組」として堅い絆で結ばれています。

その一人でもあるAKB、元NGTの北原里英(27)は、今回の指原莉乃の卒業発表を、会場で見守りました。

北原里英:「卒業、本当にお疲れ様でした。生で見守ることができて良かったです。
そして、とても楽しいコンサートでした。アイドルっていいね!」

と、ツイッターで指原莉乃をねぎらいました。

よく読まれている記事



-トレンド