ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

年末年始の出演番組20本!千鳥が局から大人気の理由とは?

投稿日:2019年1月8日 更新日:

お笑いコンビの「千鳥」が、テレビ局から引っ張りだこのようです。若手のお笑いは大御所が邪魔でなかなか前に出られないと言われています。そんな厳しい現実の中、若手お笑い界では、競争が激化してきています。2018年末から2019年新年にかけて、最もテレビでの露出が多かった若手と言えば、「千鳥」が挙げられるでしょう。

民間放送のプロデューサーによると…

年末年始、最も目立った芸人は?

民間放送のプロデューサーが話すには、年末年始、最も出演の多かった芸人と言えば、

・出川哲朗(54)
・有吉弘行(44)
・千鳥のノブ(39)&大悟(38)
・岡村隆史(48)
・サンドウィッチマン

などが挙げられます。

岡村隆史は、頭のデカいマスコットキャラクター「チコちゃん」の影響もあるかと言えます。しかし上記の中で断トツ出演が多かったのは、なんと千鳥です。お笑い番組だけではなく、毎年恒例の人気番組「芸能人格付けチェック!」でも、スタジオに出演していました。

さらにMCとして出演したものもありますし、CMでもよく見かけ、ロケ企画の番組にも出ていました。どのチャンネルをつけてもどこかに千鳥がいる、そんな状況だったと言っても過言ではありません!2018年12月28日(金)から2019年1月2日(水)まで、出演した番組は20本にも及びます。

ベルタ葉酸が人気で有名人も妊娠したら使うそうです。

1月6日スタートのドラマ「いだてん」の紹介番組にも出演

1月6日(日)からは、待望の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」がスタートしましたが、1月4日(金)には、「いだてん」のドラマを紹介する番組に千鳥が登場しました。
この番組は歴史バラエティ「いだてんが駆け抜けた時代」で、ノブが司会進行役を務めました。

テレビ局を選ばず出ずっぱりになれるワケは?

千鳥のすごいところは、局が限定されていないところです。どの局も満遍なく出演している印象で、どの局でも活躍できる万能なコンビです。千鳥はアドリブにも強く、フリートークでも楽しませることができます。そのため、局のスタッフも安心して任せられるといったこともあるでしょう。

つっこまれてもいじられても、必ず面白く返してくれるところがウケています。本人同士も仲が良く、視聴者やスタッフからの好感度の高い芸人です。ロケでもボケとツッコミの役割がハッキリしていて、期待していた以上の出来上がりになるそうです。

モデルが通う新宿の医療脱毛は?

千鳥、どちらの評価が高い?

ボケとツッコミ、2人ともそれぞれの役割をうまくこなしていますが、どちらの方がお笑いとしての評価は高いのでしょうか。プロデューサーは、ノブのスキルに注目しています。ツッコミの最後に決め台詞があるところや、キャッチフレーズを持っているところも強みのようです。

この部分は、ダウンタウンの浜田雅功や、さまぁ~ずの三村マサカズでも持っていないものだということです。

とはいうものの、2人揃うからこそ最強に面白くなるわけで、大悟も、ボケの天才と言われるダウンタウンの松本人志に負けず劣らず、ボケのスキルが高いと話しています。

千鳥がM-1グランプリに初めて登場したのは、2003年のことです。下積み時代はかなり長く、どうして今頃になって売れ始めたのか不思議に思うお笑いファンも多いでしょう。昔はM-1で最下位になったことのある千鳥ですが、その原因は下ネタを使ったことです。実力は当時からあったため、もし下ネタがなければ、いいせんいっていたでしょう。

大悟の容姿は、一見ガラが悪いように見えるため、親しみにくかったことも影響しているのではないかと言えます。最近では、千鳥が瀬戸内海の島育ちでのエピソードを入れています。2人の人柄がにじみ出るネタも浸透してきたため、いかつい風貌でも認められてきたのでしょう。
元日に放送された芸能人格付けチェックでは、大悟と仲がいい志村けんさん(68)と、同じチームで参戦していました。好感度の高い志村けんに気にいられているというのも、千鳥にとってはプラスでしょう。

千鳥(ちどり)のプロフィール

  • メンバー:ノブ、大悟
  • 出身地:岡山県
  • キャッチフレーズ:岡山の漫才番町

早川信行(はやかわ・のぶゆき)

  • 生年月日:1979年12月30日(39)
  • 身長:173センチ
  • 血液型:A型

ツッコミの名言の中に、「クセが強い!」というフレーズがあります。

山元大悟(やまもと・だいご)

  • 生年月日:1980年3月25日(38歳)
  • 身長:170センチ
  • 血液型:B型

中学と高校では野球部に入っていました。あだち充原作の漫画「タッチ」に憧れていたのが、入部のきっかけだったそうです。2010年4月3日に結婚を発表しています。

若手芸人だった頃は、自身で「イタイ奴だった」と振り返っています。先輩であるブラックマヨネーズがMCを担当していた番組で、吉田敬から「お前の格好汚いなぁ~俺みたいやんけ」とつっこまれた時、「あんたよりマシや!」と返答してしまいます。

番組終了後、楽屋で先輩からこのことで注意を受けます。謝罪しようとブラックマヨネーズの楽屋まで訪れたところ、「何やねんあいつら!」という吉田敬の怒りの声が聞こえたため、そのまま引き返したというエピソードがあります。志村けんと仲良しで、週に8回飲みに行く仲だそうです。

【PR】クレアクリニック

よく読まれている記事



-トレンド