ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

元NMB48須藤凜々花、1月31日で芸能界引退!哲学者を目指し勉強に専念する?

投稿日:2019年1月22日 更新日:

元NMB48の須藤凜々花(22)が、今月1月末に、芸能活動を引退することがわかりました。この引退表明は、所属事務所を通じて公にしました。

今後は以前から夢だった「哲学者」を目指し、その大一歩として大学入試を検討しているとのことです。

本人の意思で芸能界を引退

須藤凜々花は、昔から哲学者を目指しながら、芸能活動をしながらも、哲学の勉強をしていました。事務所関係者によると、昨年の春頃から須藤凜々花本人から、今後について相談があったそうです。最終的には、本人の意思で芸能界引退が決定されました。

収録済みの番組が2月以降に放送される予定はあるものの、1月以降、番組の収録などに参加する予定はありません。芸能人としての活動は、1月いっぱいで終わりとなります。

哲学者が夢なのにアイドル活動…葛藤の繰り返しだった

須藤凜々花は所属事務所を通じてコメント声明を発表しました。
アイドルとしてデビューして、スタッフやメンバー、ファンから支えられながらも、「多くの哲学を学んだ」と当時を振り返っています。

そのような恵まれた環境にいながらも、芸能界で活動することは葛藤の連続でした。須藤凜々花:「みんなにサポートされながら活動する中、葛藤がどうしても消えず、このままでは失礼だと思い、哲学の道一本でやらせていただくことにしました。」

と、今回の芸能界引退の理由を明らかにしています。

芸能人も?おうちホームステイで英語を学べる

今後について

須藤凜々花:「1月末で芸能界を引退してしまいますが、自分の意思に基づいた決断なので、悔いのない人生を歩んでいきます。
今はその第一歩として、大学入試に向けて勉強しています。

いつか哲学者の須藤凜々花として、お会いできたらいいなと思っています。
今まで本当にありがとうございました!」

と、感謝の気持ちで締めくくりました。

須藤凜々花のプロフィール

  • 本名:須藤凜々花(すとう・りりか)
  • 愛称:りりぽん
  • 出身地:東京
  • 生年月日:1996年11月23日(22歳)
  • 血液型:A
  • 身長:158センチ
  • 趣味:ヒップホップ、日本語のラップ
  • 好きなアーティスト:リップスライム、パンピー

みんなが飲んでる青汁の人気ランキング

須藤凜々花の経歴

須藤凜々花は2013年、ドラフト1期生としてNMB48に参加しました。そして翌年2014年にデビューします。

11stシングル「Don’t look back!」で初選抜入りし、12thシングル「ドリアン少年」では、
初めてセンターに選ばれます。

2017年6月に沖縄で開催された総選挙では、20位にランクインで、壇上のスピーチで「結婚します!」と宣言し、ファンだけではなく世間をざわつかせました。

8月には卒業ライブを行います。そして今後は、ソロで活躍していくことを発表。

そして今年4月には、20代の一般男性と結婚します。会見においても、「色々お騒がせしましたが、無事に結婚いたしました。これまで支えてくださった皆さまに感謝しながらも、笑顔の多い素敵な結婚生活を送っていきたいと思います。」と挨拶しました。

6月のイベントでは、「芸能界を続けるかどうかですごく迷った時期がありました。」と告白します。

しかし先輩である矢口真里がアドバイスしてくれ、芸能活動を続けていけたと話しています。

NMB48としての活動が忙しく、高校はほとんど通えませんでした。残った体育の単位を取るためにも、NMBを卒業し、再入学しています。2018年2月、大学受験にトライしたものの不合格。浪人して2019年の合格を目指しています。

将来の夢は「哲学者」」であり、最も尊敬している人物はニーチェです。特にお気に入りの言葉は、ニーチェの名言でもある「人生を危険にさらせ」です。初めて出した著書のタイトルも、この名言からとりました。

元々AKBが好きでファンでした。趣味はAKBのDVDを観ることで、特に好きだったのは佐藤亜美菜です。

また、ももいろクローバーZも好きで、ラジオ番組に出演した時は、百田夏菜子が自己紹介する時のモノ真似を披露したこともあります。

【PR】お尻の黒ずみを除去

【PR】フルーツ青汁ランキング

須藤凜々花のコメント

お世話になった皆さま

心身共に体調不良が続いて、少しお休みもいただいていましたが、1月いっぱいをもって、芸能界を引退する決意をしました。突然のご報告で、申し訳ございません。

私は元々、哲学者になるという夢を持って、NMB48に参加しました。加入してからはメンバーやスタッフ、ファンの皆様から、多くの哲学を学びました。そんな恵まれた環境にいながら芸能活動を送っていて、葛藤が生まれてきてしまいました。
皆さまに支えながら活動をする中で、どうしてもその葛藤が拭えず、このままではいけないと、引退を決意しました。結婚や今回の引退など、いつも自分の意思で周りの方たちを振り回してしまって、申し訳ないと思っています。

ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ございません。約5年4カ月、芸能界で様々な経験を積ませてもらったことは、感謝の気持ちでいっぱいです。芸能界からは離れてしまいますが、自分の意思を貫いて、悔いのない人生を送っていきます。今は、哲学者の夢に少しでも近づくために、大学入試の合格を目指しています。

いつか、哲学者の須藤凜々花と紹介してもらえる日が来るように、願っています。今まで本当にお世話になりました。

よく読まれている記事



-トレンド