ひぽぽたます

Life is one time only

美容 黒ずみ

アットベリーを年代・状態別で口コミを調査!アットベリーの脇の黒ずみへの効果は?

投稿日:

脱毛したあとの肌は綺麗でなくっちゃ・・・というときのお助けアイテム「アットベリー」脇の下の脱毛をしたのはいいけれど‥むだ毛はとっても邪魔なものだし見た目にも汚いので、できるだけ綺麗に処理したいもの。でも、どれだけ綺麗に脱毛したとしても、抜いたあとの肌が汚かったらどうしようもありませんよね?

黒ずみちゃん
そんなことが起きがちなのが「脇の下」。毛を抜いたら肌が黒ずんでおり、何となく不潔に見える。こんなことでは高いお金をかけて、脱毛しても効果は半減。でもそんな脇の下をきちんとケアする専用のアイテムが売られているんです。それが脇の下専用のクリーム「アットベリー」です。詳しく見ていきましょうね(^^♪

脇の下専用のクリーム「アットベリー」

アットベリーというオールインワン化粧品は脇の下などの黒ずみを解決する、黒ずみ対策専用化粧品なんです。

そもそも脇の下はなぜ黒ずみができてしまうのでしょう。その原因の1つが他ならぬ「脱毛」。そもそも脇の下に毛が多く生えているのは、汗を多くかくから。そして皮膚が薄く弱い部位でもあります。

黒ずみちゃん
そのため脇は多くの毛でデリケートな場所を守っているというわけ。ちなみに、脇の下からかく汗のにおいは「フェロモン効果」があると言われているんです。

でも現代では、脇汗もにおいも「ただの悪者」ですよね。脇の毛はカミソリで処理され、汗のにおいは制汗剤で除去!‥こんなふうに皮膚の薄い場所に刃物を当てたり、薬を塗ったり、ぬぐったりしていては、肌が傷んでくるのも当たり前ですよね。また脇は顔に比べてデリケートに洗われにくい部位でもあります。顔は凹凸に沿って、丁寧に泡洗顔をしていても、脇の下は何となくゴシゴシということありませんか?こうして脇の下の肌はどんどん傷んでいくのです。

脇の下で起こっていることって何?

脇の下は腕を使えばこすれてくる場所でもあります。そのため摩擦で肌が傷んでしまうのです。皮膚が傷んでくると、肌はそれをガードしようとしてメラニン色素を増やします。日光に当たると肌が黒くなるのはこういう理屈。こすれると肌が黒ずむのも同じ理屈です。また汗をかいたり、それを止めようとして汗対策グッズを使用する部位でもありますよね。汗や制汗剤が刺激になって皮膚を傷めることもあります。どんどん肌が乾燥していくんです。

それなのに、洗い方は雑で、あまり保湿ケアもされない。ここで永久脱毛などをすると、より肌乾燥は進んでしまいます。肌が乾燥すると肌の生まれ変わりターンオーバーがうまくいかなくなります。すると黒ずみがそのまま定着しやすくなるんですね。

黒ずみちゃん
こうして脇の下は、乾燥してガサガサの黒ずんだ部位になっていくというわけ。でもそれに気づかず、一生懸命カミソリで毛を剃ったりしているのが現状です。永久脱毛をして、毛がある程度無くなってみて初めて「脇の下の肌って汚い‥」と気づく人が多いのです。

脇の下をケアするにはどうしたらいい?

したがって、脇の下はまず丁寧に洗うこと、そしてしっかり保湿をすること。この2点が大事になります。でも顔と違って、汗をかきやすく乾燥しやすい場所。スキンケアやボディケア用品がうまくマッチしない可能性もあります。また通常の基礎化粧品に「黒ずみ対策」を盛り込んだものはあまりありませんよね。

黒ずみちゃん
アットベリーというオールインワン化粧品は、そんな脇の下の特性を考えて作られた商品。保湿効果の仕組みも独特で、トリプルケアという方式を採用しているんです。

通常、保湿というのは、角質層に含まれる水分量をアップ、維持する。そしてその上に幕をはってガードするという方法が一般的です。これがダブルケア。アットベリーはその上にさらにガードを重ねる仕組み、そのためトリプルケアと呼ぶんですね。

脇の下はカミソリで表面を削られたり、エステで光を浴びたり、制汗シートでこすられたり、と刺激を受けやすい場所。そのため、多くのバリアを貼っておく方が、肌が傷みにくいという考え方なんです。脇の下専用ケア用品ならではの発想で作られているんです。また臭いの原因を立つ抗菌作用も含まれています。

顔やボディケア専用アイテムで脇の下のケアがうまくいかないのは、それだけ脇部分の肌というのは特殊だから。それだけ肌の健康を保ちにくい場所、アットベリーでしっかり保湿&保護すれば黒ずみも薄くなり、予防も可能なんです。

アットベリーの効果は、保湿&ガード力、抗菌力

アットベリーに含まれる保湿成分は?

アットベリーに含まれる保湿成分は、まずセラミド、ヒアルロン酸。この2つは肌内部の角質層で肌の水分を維持する働きがあります。いわゆる肌の弾力を維持する成分です。実はアットベリーに含まれるヒアルロン酸は2パターンあります。肌内部の角質層に浸透して、肌の弾力を維持するナノ化した浸透ヒアルロン酸と、肌の表面に留まりガードの役目を果たす分子の大きなヒアルロン酸です。この2つのタイプを使用することで、肌の内側、外側の両方から肌をガードするという仕組みなんですね。

次にコラーゲンとエラスチン、どちらもたんぱく質で両方とも肌の弾力の元になっています。この2つは、加齢で減少する成分、また肌が刺激を受けると損傷してしまいます。日焼け止めが大事なのは、日焼けをするとコラーゲンが減ってしまうから。一時的な日焼けであれば、修復できますが、毎日日光を浴びるとダメージが溜まり続け、どんどん皮膚が傷んでいきます。

黒ずみちゃん
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドは、総合して潤いとハリのある肌を生み出す効果を持っているんです。

まあ肌の修復機能を持つアラントインも含まれています。アラントインは、刺激が少なく、アトピーなどの皮膚炎用の薬としても使用される成分。肌が乾燥した状態でも、水分を保持しやすくなるんです。いくら保湿機能が高くても、肌への刺激が強くては意味がありませんよね。低刺激で乾燥肌の人にも使いやすいのがアットベリーの魅力です。

肌の炎症を防ぐ成分がたっぷり

アットベリーには保湿成分だけでなく、抗菌成分も多く含まれています。保湿効果があるアラントインは抗炎症作用も持っています。

また、グリチルリチン酸も配合。ニキビなどの炎症治療に多く用いられる成分で、肌の炎症を抑える効果があります。同じく抗炎症成分として「甘草フラボノイド」も含まれています。甘草は、炎症を抑える成分として古くから漢方薬として使用されていますが、甘草フラボノイドは、その中から抽出した成分。抗炎症作用の他、色素沈着を防ぐ効果があると言われています。黒ずみができにくい肌を作るんですね。

その他、やはり漢方に含まれているトウキエキス、そしてエイジツエキスもあります。トウキも抗炎症作用、エイジツはノイバラから抽出されたエキスで、肌荒れ防止効果があります。肌のバリア機能改善効果もあります。

抗炎症作用がある成分は、すべて古くから使用されてきた、かなりメジャーなものばかり。肌に合わないという可能性が低いというメリットがありますね。

そして、肌のターンオーバーを促すプラセンタも配合。おなじみ「胎盤」であるプラセンタは、傷の治療にも使われている重要な成分。効果が高いため、原材料の安全性がより問われている成分でもありますが、アットベリーは日本国内で徹底した品質管理の元作られているため、安心ですね。やはりターンオーバー効果が期待できるビタミンEも配合されています。

またアロエ、芍薬、人参、クララ、ワレモコウエキスという5種の植物成分も配合。そしてにおい対策として、桑エキスも使用されています。臭いけしになるのではなく、においの元である雑菌の繁殖を抑える効果があります。アットベリーを使えば、抗菌効果入りの制汗剤は不要になりますね。

使われている成分は、すべてなじみ深いものばかり。しかし保湿や肌バリア強化、抗炎症作用、そして肌のターンオーバーを促進することは、肌の健康維持には欠かせない機能。特に脇の下のように、皮膚が弱く、トラブルが起きやすい部位では欠かせないことばかり。アットベリーのような脇の下専用化粧品を使うことで、健康な肌が維持され、慢性的な摩擦などの刺激が、黒ずみや肌トラブルにつながることを防ぐのです。

アットベリーのユーザーはどんな人?

口コミはどんな感じ?

@コスメの口コミユーザーの年齢を見ていると、アンチエイジング世代よりはやや若い感じ。アラ40世代以下が主流です。アラ50近くになると黒ずみ以外の肌悩みの方が、ずっと大きくなるせいかもしれません。では口コミを個別に見て行きましょう。

脇の黒ずみに悩んでいた10代後半女性

黒ずみは「落ち着いてきた感じ」。「たまに痒いときもある」とのことで、乾燥が強いのかもしれません。
このコメントを見てもわかりますが、1度黒ずみができてしまうと、なかなか簡単には取れないもの。
アットベリーは、黒ずみを消すというよりは、ターンオーバーを促し薄くしていく商品。
黒ずみが悪化したりできたりするのを防ぐ機能の方が高いのです。

どちらにしても、肌の黒ずみは消しゴムのように「塗りました、薄くなって消えました」とはいきません。そこまで早い効果があったら、何か副作用が出ることでしょう。黒ずみ改善は一定時間かかるものです。

続いて

30代半ばの女性。色々な黒ずみが気になる年代

脇だけでなく、くるぶし、ひじなど角質化して汚くなる部分が気になるよう。
「サンダルやスカートがはけない」というコメントがありますが、脇の下の場合も、黒ずみが目立つと、せっかく買った夏用のアイテムが着られないなんてことも起きますよね。

厳重に2度塗りをしているようですが、重ねて塗ってもサラサラの使い心地が気に入っているそう。
確かに脇の下に塗るのに「べったり」は不快そうですね。使用感はとても大事です。

レーザー脱毛後のお手入れアイテムとして使用している30代半ばの女性

とても瑞々しい使い心地がお気に入りのよう。
「サラッとしっとり」という理想的な使い心地のようです。

「黒ずみは解消したいけど、べったりするのは嫌だな。」というユーザーさんが購入するケースが多いようです。
また乾燥肌ケア用品にありがちなのが、べとつくが肌内部の乾燥は解決されていない感じがするパターン。逆というのは1番理想的ですね。

やはり若いと効果は出やすいのか?という例が20代半ばの女性。

「脇に使用しているが3日で薄くなってきたよう」。
びっくりな即効性ですが、肌の内部から潤いが出る、ハリが出てきた場合、
肌全体が明るく見える可能性はあります。
色素沈着は、必ずしも「メラニン色素集合体」というだけではなく、何となく肌がしぼんでしまい、陰になって汚く見えるというケースもあります。
肌の基本は「潤い」ですね。

Amazonレビューもチェック

アットベリーはAmazonでも売られていたようですが、残念なことに現在は在庫切れ、入荷の目途はなし。
ということでレビューだけが残っています。年齢性別の表示が出ないのが、残念ですが、参考にするとよいですね。

まず「傷跡対策に使用」している人がいます。完全に治ってしまった傷跡であれば、色素沈着ですから効果は期待できます。
ニキビ跡などにも応用が効きそうです。

「バストトップとデリケートゾーン」という大事な2か所に使用している人もいます。
この2か所はよくなってきたが、足の黒ずみ部分だけは全く治らないという不思議なことが起きているようです。
それだけ肌というのは、ややこしい仕組みになっているんですね。

ひじ、膝などに使用している人の声で多いのは「保湿効果が高い」というもの。
黒ずみはわからないが、ガサガサ感が無くなったという声です。
確かに黒ずみができる場所というのは、乾燥が強い場所。つるつるになるだけで、かなりストレスが減るようです。
口コミを見ていると、色素沈着というのは、乾燥がベースにあるということがよくわかります。

アットベリーを試してみたいんだけど

そんなアットベリー、お試し使用は可能なのでしょうか。
実は商品の性質上、サンプルは存在しません。黒ずみがお試しで解決できるわけではないので意味がないということのようです。

アットベリーの購入方法は?

購入方法は、公式ショップから。楽天でも取り扱っている店舗が複数ありますが、
製造元は「 menina joue(メニーナ ジュー)」 薬用アットベリージェル という商品名が正確な表記。
楽天で購入したい場合は、まず正規品かどうかを確認すること。

割安に購入するには、公式サイトの「定期購入」がベスト。
アットベリーは60g、5440円とやや割高ですが、定期購入だと初回購入が2980円(送料無料)というお買い得価格。
また定期購入中に随時割引ありという、サプライズなお得もあるようです。

ただし最低2回の購入が条件。要するに2個は買うことになる代わりに、1個半程度の価格で購入が可能ということ。2回の合計金額は8420円。これにせっけんなどおまけが付くこともあるよう。
また180日間返金保証付きなので、定期購入が1番安心といえます。
定期購入は基本的に月1というペースですが、3回目以降は変更が可能。
何と定期購入のサービスには、コンシェルジュまで付いています。

アットベリーの解約ってスムーズにいくの?

定期購入で気になるのは、解約方法。特に複数回購入という条件付きの場合、やや不安にもなりますよね。

しかしアットベリーの定期購入に関する規定は「2回は購入すること」のみ。
3回目からはいくらでも停止できます。
注意点は「メールは不可」「次回発送日の7日前には連絡」の2点を守ること。
電話で名前と電話番号を告げればいいようです。

お問い合わせ、解約申し込みはこちら→メニーナ・ジューサポートセンター0120-910-162(平日10:00~19:00、土日祝:休み)

ちなみに返金保証を利用する場合は、初回購入のみ適用となります。適用条件は「初めて公式サイトのショップを利用した人」であるということ。

準備するものは・容器(外箱)・送料・返金用口座の3つです。

初回が2980円になるため、180日間のどこでやめても、この金額だけが返ってくるということのようですね。
商品を使用して「やめようかな」と思った時は、180日以内なら返金保証制度を利用すると、ややお得ということです。

アットベリーは気長に使うこと

アットベリーは脇の下を筆頭に「黒ずみ対策」として販売されているオールインワン化粧品。黒ずみやすい部位というのは、乾燥しやすく刺激も多いという肌の中でも悪条件にさらされていたり、元々皮膚自体が弱い場所でもあります。
通常の基礎化粧品でしっかりケアできていれば問題ありませんが、かさつきがひどい、黒ずみが濃くなる場合は、アットベリーのような専用化粧品を使用するとベスト。

アットベリーに含まれている成分は、保湿成分と抗炎症成分が主流。その他植物成分なども含まれています。刺激の少ない成分でできているため、敏感な乾燥肌対策にも安心して使えます。

肌の黒ずみは肌への刺激による色素沈着。また黒ずむ部位は乾燥もひどいことが多く、完全に綺麗にするにはなかなか時間のかかる場所。特に黒ずみが薄くなったと体感するには、肌のターンオーバーの周期である1か月程度はかかると思っておく方がよいでしょう。

また口コミなどを見ると、黒ずみの前に、乾燥対策効果が表れ、美肌づくりに一役買っているよう。保湿をしながら、気長に解決するのが黒ずみ。そのサポートをするのがアットベリーです。簡単に黒ずみを取り除く効果はありません。健康な肌を作りながら黒ずみを薄くする。そして新しく色素沈着ができるのを防ぐ、それがアットベリーの効果です。

もちろん日焼けや乱暴な洗い方など、肌に負担がかかることを避けるのも黒ずみを治し、防止するには大事なこと。普段の手入れや習慣を見直すこともお忘れなく。

脇の黒ずみ除去クリームランキング2019。脇の黒ずみに1番人気はイビサクリーム?

おしゃれなノースリーブの服を着たり、友達と温泉旅行をしたり、彼ともっと近づきたい…!と思っても、どうしても気になるのが脇 ...

続きを見る

お尻の黒ずみを除去する為の、人気の黒ずみ除去・ケアクリームランキング2019

普段意識もしなければ、鏡をつかってわざわざ見ることもないのが「お尻」ですが、あなたは自分のお尻がどんな状態か知っています ...

続きを見る



-美容, 黒ずみ
-