ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

今は亡き有賀さつきさんの本当の病因は…?1周忌で父が暴露したこと

投稿日:

有賀洋さんは、自宅まで「週刊女性」の取材に次のように語っていました。「実は納骨をしていないんです。今でも、何事もなかったかのようにフラっと戻ってくるような気がして…。でも、いつまでもこのまま放置するわけにはいかないので、一周忌が終わったらお墓に入れる予定です。」

闘病生活でも病気のことを隠していた故・有賀さつき

有賀洋さんは、2018年1月30日、ちょうど今から1年前に、52歳という若さで亡くなった有賀さつきさんの父親です。生前の有賀さつきさんは、自ら病状を周囲に知らせず、闘病生活をひっそりと送っていました。

激やせした姿を見て周囲も心配になったようですが、ダイエット中だと言い張っていたのです。抗がん剤を投与する影響で毛髪が抜けてしまい、ウィッグをつけていた時も、このカツラ便利なんですよ~!と、ユーモアまじりに話していました。

2018年1月、症状が悪化する

2018年1月中旬に体調が悪化し、入院することになります。食欲がなくなって点滴での生活になってしまいましたが、それでも元気はあったそうです。有賀さつきさんの実父によると、フジテレビの同期だった八木亜希子さんとは、ラインで会話していたにも関わらず、病気のことについては一言も触れなかったようです。

突然の死だったため、有賀さつきさんの父親も娘さんも、看取ることはできなかったようです。

亡くなったことが報じられたのは、有賀さつきさんが亡くなってから6日経った2月5日のことでした。その時は病名も明かされなかったため、様々な憶測がなされました。

有賀さつきさんが病名をを伏せたのは、実は本人の強い意思だったといいます。乳がんだったという報道をした番組もありましたが、それは真実ではあありませんでした…。

有賀さつきさんの死から1年たった今、さつきさんの病因について、父親である有賀洋さんが初めて明かしました。

病因は「卵巣がん」だった

有賀さつきさんは、卵巣がんが原因で亡くなったのです。有賀さつきさんは、その病因について知られたくなかったということで、父親の有賀洋さんも世間に公表できなかったようです。

大阪に卵巣がん治療の名医がいると聞いて、亡くなる3年前に手術を受け、洋さんも立ち会ったと言います。

その手術で完治したと思っていたら、急に体調不良になって入院することになったのです。
2週間が経過し、もう少しで退院と思っていた矢先、午前7時頃に病院から連絡が来て、有賀さつきさんが亡くなったと洋さんは知らされました。

本当に急なことだったので、看取ることができず、ご家族は無念でいっぱいでした。退院したら、一緒に家に住む予定もあったそうです。

3年前に妻に先立たれた洋さんは、一戸建てで一人暮らしをしていました。そして時々泣きながら、有賀さつきさんのことを振り返り、「結果、私がさつきを殺したようなものです…。

と、今でも後悔の念に苦しんでいます。どういうことかというと、次のように語ってくれました。

有賀洋:「私は東京大学を出て、NTTに入社しました。

3年間ニューヨークで赴任していて、現地で家族と暮らしていました。そのこともあり、さつきは帰国子女と言われ、ちやほやされた時期もありました。さつきは1988年に、八木亜希子や河野景子と共にフジテレビに入社しました。花の3人娘と呼ばれて人気もが上がり、バラエティ番組にも出てくるようになりました。いわゆる女子アナブームの到来です。」

人気は次第に高まっていきましたが、有賀さつきさんにとって、それは大きな負担になっていたと打ち明けました。アナウンサーという職業は、本当にきつい仕事で、夜中の23時に生中継をやって、失敗も許されない世界です。

半端なプレッシャーではない状況で、有賀さつきさんの神経はすり減っていったと言います。有賀さつきさんはバラエティ番組でも人気になり、1992年にはフジテレビを退社し、タレントになりました。
華やかな世界で華やかな姿を見せていた有賀さつきさんですが、大きなプレッシャーの中で多忙な毎日を送ることが、体にも大きな負担をかけていたと話します。

有賀洋:「プライベートでも電車にすら乗れない。近所を歩くだけでも人に騒がれてしまう。さつきが亡くなった後、確定申告を私が代わりにやりましたが、領収書がとにかくおびただしい数でした。

でもさつきは、自分の人生を貫きました。それひとりの人間として立派でした。」

と、有賀さつきさんの今まで来た道を称えました。

結婚するもすぐ離婚…?

有賀さつきさんは、2002年、フジテレビの上司だった13個年上の和田圭氏と結婚します。女の子を授かりましたが、2006年に離婚してしまいます。有賀洋さんは、娘がいたことからもい、離婚を思い留まらせようと説得していました。しかし有賀さつきさんは離婚会見で、和田圭氏との結婚は間違いだったと正直に述べました。

実は、和田圭氏と付き合っていた頃、話しあって別れようと決めていた2日後に、妊娠が発覚してしまいます。そして、刑務所に入る覚悟を持って結婚したと言います。夫婦生活は決して円満ではなく、寝室を別にして暮らしていたと言います。

よく読まれている記事



-トレンド