ひぽぽたます

Life is one time only

金策

このファクタリングは大丈夫?!違法なファクタリングの見抜き方

投稿日:2019年4月3日 更新日:

違法なファクタリング

ファクタリングは売掛債権を利用した新しい資金調達法として注目を集めています。しかし、認知度はまだ低いようです。そのことに目を付け、違法なファクタリングを行う悪徳業者もいます。そこで、違法なファクタリングとは何か、見抜き方についてまとめました。

ファクタリングマン
ファクタリングマン
違法なファクタリングの事業者は業界からはじき出さねばなりません!絶対にだまされないようにしてください。悪質なファクタリングは見抜けます。

本来のファクタリングとは?

ファクタリングは売掛債権を早期に現金化できるため、資金繰りが厳しい企業にとっては心強いサービスです。それでも、近年になって注目を集めてきたので、初めて利用するという企業は多いことでしょう。

しかし、ファクタリングの利用を考えるほど資金難に面している企業の状況、初めての利用で仕組みをよく知らないことを上手く利用して、お金をだまし取ろうとする悪徳業者がいます。その被害に合わないために、まずは本来のファクタリングとはどのような仕組みなのかを知ることは大切です。悪徳業者は巧妙な手口でだまそうとします。でも、「本当」のことを知っていれば、だまされずにすむでしょう。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、企業が持つ売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社は売掛債権額から手数料を引いた金額を企業に支払うという仕組みです。ファクタリング会社は、買い取った売掛債権の支払期日に、売掛先から直接、またはファクタリングを利用した企業から回収します。ファクタリング会社が売掛金を回収した時点で、取引は完結します。

売掛先と利用会社を審査する

ファクタリングでは審査が行われます。ファクタリング会社が重視するのは、売掛先と利用会社が信用できるかという点です。その点を調べるために、ファクタリング会社は売掛先については行政の所持する登記情報開示なども調べますが、利用会社にも多くの書類を要求します。例えば、

  • 商業登記簿
  • 決算書
  • 納税証明書
  • 通帳のコピー
  • 取引先との基本契約書
  • 利用会社代表者の本人確認書類

などです。加えて、譲渡する売掛債権の根拠となる書類として、

  • 注文書
  • 発注書
  • 納品書
  • 請求書

なども必要となります。ファクタリング会社の多くは、利用する会社とは「面談」を通して信頼性を確認します。このように、しっかりと審査が行われます。

手数料

ファクタリングは融資ではないので、貸金業法による規則がありません。なので、利息ではなく手数料が取られます。

賃金業法による規則がないので手数料は会社によって異なりますが、ほとんどのファクタリング会社では、手数料率が一般的な金利水準を大きく上回ることはありません。ファクタリングの利用手数料は内容によって異なります。売掛債権を利用したファクタリングの場合、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの2通りの利用方法があります。3社間ファクタリングの手数料の相場は1~5%、2社間ファクタリングの手数料の相場は10~30%ぐらいです。

また、ファクタリングは売掛債権という資産を売り渡して現金化することなので、融資を受けるときのように担保や保証人は必要ありません。

違法且つ悪質なファクタリングとは?

ファクタリング会社は融資を行うわけではないので、貸金業法による規則がないことに加え、金融庁への登録も必要ありません。なので、あいまいな点も多いというのが現状です。しかし、違法なファクタリングは明確です。

ファクタリングマン
ファクタリングマン
違法なファクタリングとは?またなぜ違法なのか、悪徳業者の手口について説明します。

融資を勧める

信頼できると思ってファクタリングを申し込んだ会社でも、融資を勧めてくる場合は要注意です。

融資ができるのは、国・都道府県から営業の許可を受け、登録している場合だけです。貸金業として登録されているかは、金融庁のホームページなどで調べることが可能なので、気になる場合は調べることをおすすめします。登録していないのに、融資を勧める場合は明らかな違法です。

しかし、悪徳業者もその道のプロなので、巧みにファクタリングを融資に切りかえる場合があります。悪徳業者が融資という形にしたがる理由はただ一つ、取引を続けて継続的にお金を取るためです。本来なら、売掛金がファクタリング会社に支払われた時点で、取引は終わりです。でも、そこで終わってしまったなら手数料分しか儲けはありません。もっとだまし取るには取引を続ける必要があります。そこで、言葉巧みに融資を勧めてくるというわけです。

ファクタリングマン
ファクタリングマン
では、悪徳業者はどのような手口を使ってファクタリングを融資に切り替えるのでしょうか?

悪徳業者の手口

最初は普通のファクタリングの契約を結びます。しかし、売掛金の支払期日前に「今月、もし資金繰りが厳しければ、来月まで待つ」というようなことを言ってきます。本当に資金繰りが厳しい場合、待ってもらえるなら助かりますよね。

しかし、ただではありません。必ず、「手数料」を取ります。次の月も同じようなことを言ってきます。そういって、「手数料」を取り続けるという手口です。

でもこれは、明らかに「手数料」ではなく「利息」を取ることであり、立派な「融資」にあたります。融資であれば、利息は最大20%までという制限があります。もちろん、悪徳業者がそのルールを守るとは思えません。ファクタリングが貸金業法による規則がないことを理由に、法外な「手数料」を請求するのです。

ファクタリングマン
ファクタリングマン
資金繰りが厳しいという状況を気遣っているように見せかけながら、実はお金をだまし取る、そんな悪徳業者の手口に騙されないようにしてください。

怪しいファクタリング会社を見分ける

現在は、インターネットが普及しているので、ファクタリング会社を選ぶのにウェブサイトにある情報を調べる企業も多いでしょう。この時点で、ある程度怪しい会社を見分けることができます。

例えば、あまりにも情報が少ない会社、会社名と住所だけで会社概要の内容が薄い、また、連絡先が固定電話ではなく携帯番号という会社です。大抵、会社概要には代表者名や設立年月日、固定電話の番号、資本金、事業内容などが記載されています。こういう情報がない会社は避けた方が無難かもしれません。もし、悪徳業者であればまともなファクタリングを受けることはあり得ないからです。

契約が雑・手数料が高い

本来のファクタリングでは、契約に至るまでに審査があり、多くの書類の提示を求められたり、面談などが行われます。

しかし、違法なファクタリングを考えている会社は、売掛先や利用会社の信用力や経営状態など、どうでもよいのです。なので、真剣に審査をする気がありません。要求される書類が少なく、面談がない場合もあります。また、さまざまな理由を付けて高い手数料を請求してきます。明らかに手数料が相場より高い場合は、必ず見積書などを確認し、不明な点は納得するまで説明してもらってください。あいまいな点が多い場合や、詳しい説明がない場合、違法なファクタリングを行っているかもしれません。このようなファクタリング会社との契約は慎重に行い、信用できない場合は取引を中断する強さも必要です。

ファクタリングの仕組みを知って違法を見分ける

資金繰りが厳しい場合、ファクタリングはすぐにでも利用したいサービスです。しかし、悪徳業者はそこも狙っていることを忘れないでください。急いで契約し、違法なファクタリングを利用すれば、資金繰りは悪化するだけです。ですから、冷静に本来のファクタリングの仕組みを知るようにしてください。そうすれば、違法なファクタリングを見抜くことができますし、本来のファクタリングの仕組みと異なる会社を見分けることにもなるでしょう。

クレジットカード現金化
【最新版】クレジットカード現金化のおすすめランキング2019

お金に困った時の最後の調達手段としてクレジットカード現金化を知ってますか?調べてみるとランキングサイトばかりで現金化って ...

続きを見る

よく読まれている記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-金策