ひぽぽたます

Life is one time only

金策

Qpa(キュッパ)で即日ファクタリング!キュッパで審査不要の即日資金調達

投稿日:2019年4月20日 更新日:

売掛金を買い取ってもらい、資金調達をすることをファクタリングと言います。ファクタリングは銀行の融資と違い信用情報などで審査されることもありませんし、時間も比較的かからないので急遽資金が必要になった、仕入れの支払いを売掛金を回収する前に払う必要があるといった場合に使われることが多いです。

ファクタリングマン
ファクタリング会社の中でも中小企業に特化しており、即日現金化が可能なのがQpaです。今回はQpa(キュッパ)のファクタリングのメリット・デメリット、手数料などのサービスを見ていきましょう。

Qpa(キュッパ)でファクタリングするメリット

Qpa(キュッパ)だけでなく今やファクタリングは中小企業にとっては当たり前の現金化サービスです。Qpa(キュッパ)のメリットを詳しくみていきましょう。

Qpaは個人事業主でも使える

Qpaは大手の法人ではなく、中小企業など比較的小口の案件が多いところをメインターゲットにサービスを行なっています。そのため中小企業だけでなく個人事業主はもちろん、ベンチャー企業や創業1年以内の新しい会社でも利用することができます。

ファクタリングマン
ベンチャー企業や創業間もない企業だとなかなか銀行の融資の審査に通るのが難しいと思いますが、審査が通りずらい中小・ベンチャー企業でもQpaであれば資金調達をすることができます。

Qpaは小口取引でも大丈夫

一般的なファクタリング会社は数百万円程度からファクタリングを受け付けているところが多く、小口取引を売りにしている会社でも30万円程度からが限界です。ファクタリングでは売掛金に応じた手数料を払う必要があり、この手数料がファクタリング会社の取り分になるので、売掛金が小さいと作業が増えるばかりなのです。

ファクタリングマン
しかしQpaは中小企業や個人事業主をメインターゲットにしているので、なんと期間限定で10万円から買取を行なっています。

そのため、銀行の融資が入ってくるまでもう少しでそれまで経営をもたせるぶんだけを買い取って欲しいといった悩みを解決することができます。

Qpaは大口取引にも対応

小口取引に力を入れているファクタリング会社の中には買取金額を30万〜3千万に設定しているところが多いです。この理由としては、ファクタリング会社の資金力が低いので大口取引が扱えず、買取金額の下限を下げることで利用者を増やそうとしているのです。

ファクタリングマン
しかし、Qpaでは下限は10万ととても低い金額でありながら、上限は1億円ととても高い金額に設定しています。高額の売掛金でも買ってもらえるので、困った時は頼りになります。

審査の通過率90%以上

銀行の融資などでは信用情報、企業の将来性などが審査されますが、ファクタリング会社では審査基準が大きく変わります。そのため、審査がどうやって行われるのか予想がつかなくて心配という人もいるかもしれません。ファクタリング会社では一般的にファクタリングを依頼する企業の情報よりも、その売掛先の情報を重視します。というのも、ファクタリングは一般的な利息のある借金とは大きく違うからです。

借金では借りた額に利子がついていき、それを少しずつ返済していきます。そのため返済に時間がかかるほど払う金額は膨らんでいきます。そのため、今後継続的に返済をしてくれるのか、今まで返済をきちんとしているかといった情報を重視するのです。しかし、ファクタリングでは売掛金を買い取り、その売掛金はそのままファクタリング会社のものになります。つまり、1回で全てを返済するということです。そのため企業の将来性などは関係なく、売掛金が本当に入ってくるのか?という点が最も重要になります。

いってしまえば、売掛金を取引先が払うのであればファクタリングを行う会社はそれまでに潰れなければどんな会社でもいいということです。ですので、融資を断られた企業でもファクタリングを受けられる可能性は十分あります。

ファクタリングマン
Qpa(キュッパ)は特に審査に通りやすいファクタリングで有名です。他のファクタリング会社では断られたという会社でもQpaではファクタリングしてもらえたということがよくあるようです。

Qpaは中小企業に特化したファクタリング会社で、利用者も中小企業や個人事業主、ベンチャー企業などが多いですがそれにもかかわらずQpaの審査通過率は90%を誇っています。審査に受からないかも?と心配しているくらいなら申し込んでしまった方がいいくらいだと思います。

Qpaは来店不要で簡単申し込み

ファクタリング会社は取引先の審査に力を入れるとのことでしたが、もちろん自社も審査はされます。その時に人柄なども審査項目となります。人柄を見るためにも面談は必ず来店してもらって行なったり、出張して行なったりするファクタリング会社がほとんどです。

ファクタリングマン
しかし!Qpaは独自の審査基準を持っているので、来店不要で審査を終わらせることができます。

申し込みや診断もメールで行うことができるので、移動などに時間が取られません。電話でも連絡を取れますが、その場合は営業時間内である9:30~18:00の間に連絡する必要があります。会社の経営をしていると忙しいと思いますので、そういったところで時間が取られないというのはとてもありがたいですね。

Qpa(キュッパ)のファクタリング

ではQpaのファクタリングについて詳しくみていきたいと思います。

どんなファクタリングを扱っている?

Qpaが取り扱っているファクタリングには3つの種類があります。

まず利用者が最も多いファクタリングが2社間取引ファクタリングです。2社間取引はファクタリング会社と買取を希望している会社との2社で契約を交わすファクタリングです。この場合、売掛先には情報は一切伝わらず、売掛先は請求に対して買取希望会社に支払いを行います。そしてそのお金はその日のうちにファクタリング会社に支払うことになります。2社間ファクタリングでは売掛先にファクタリングをしていることを知られないので信用を失う心配がありません。2社間取引ファクタリングはファクタリングで余計なトラブルを起こしたくない人におすすめのファクタリングです。

次に、3社間ファクタリングです。3社間ファクタリングでは、売掛先にファクタリングすることを伝え、ファクタリング会社、買取希望会社、売掛先の3社で契約を結びます。ファクタリングすることを知られてしまいますが、きちんと説明して納得してもらえるのであれば、手数料は2社間の半分程度で済むので、3社間ファクタリングはかなりおすすめのファクタリングです。

最後に、介護報酬ファクタリングがあります。これはその名の通り介護報酬についてのみ利用できるファクタリングです。

通常介護活動を行うと、介護報酬が2ヶ月後に国保連から振り込まれるというのが一般的です。しかし、キャッシュフローが間に合わないとなると大変です。介護報酬ファクタリングではその保険給付費を買い取り、資金化してくれます。この場合は3社間取引と同じく、国民健康保険団体連合会から直接ファクタリング会社に保険給付金が支払われます。

手数料はどのくらいかかる?

Qpaの手数料は2.5%以上です。上限額が書かれていないので、とりあえず申し込みをしてみてどのくらいの手数料なのか聞いてみるのがいいと思います。

特に2社間取引だとファクタリング会社を問わず高い手数料が必要になるので、手数料で比較検討してみるのがおすすめです。Qpaは申し込みから契約まで来社不要なので、比較検討も楽ですね。

Qpaの本社はどこにあるの?

ファクタリング会社は基本的に支社がたくさんあるというのは稀で、だいたい本社だけで、多くても東京と福岡といったように2つしか拠点がない場合がほとんどです。Qpaについては来社不要で電話やFAXだけで契約することができるので東京に本社があるだけです。来社する必要がないので、特にデメリットには感じませんね。対応エリアはもちろん全国なので、どこからでも申し込むことができます。

Qpa(キュッパ)の会社概要

会社名 株式会社Qpa(キュッパ)
所在地 東京都中央区銀座7丁目5番4号 毛利ビル3F
設立 平成25年11月11日
資本金 2,000万円
代表者 藤本健太
事業内容 ファクタリング業・信用調査・コンサルティング業

Qpaはノンリコース

売掛先から集金したお金をファクタリング会社に返すことになるのですが、売掛先が倒産してしまった時が大変です。お金が入ってこないのにお金を返さなくてはいけないというのは本当に困ります。

しかし、Qpa(キュッパ)はノンリコースなので、もし売掛先が倒産してしまった場合には、お金は返さなくてもよくなるのです。リスクマネジメントにも利用することができますね。

Qpaの審査に必要な書類一覧

ファクタリングで必要となる書類は会社ごとでそう大きくは変わりません。一覧にしてまとめておくのでぜひ参考にしてみてください。

  • 本人確認書類
  • 会社謄本
  • 直近2期分の決算書
  • 成因資料点
  • 通帳(入出金が確認できるもの)
  • 納税証明書

Qpa(キュッパ)の口コミ。中小が大助かり

Qpaを利用した人はどのように感じているのでしょうか。Qpaのことを知るならやはり実際に利用した人の口コミをみるのが一番です。Qpaの口コミをまとめてみました。

順調に経営できていると思っていたんですが、突然売掛先から入金がずれるとの連絡が…。こちらも製造を行うために設備を購入したり材料を仕入れたりしているので、入金がずれるとそれらが払えなくなってしまい信用を失ってしまいます。なんとかしなければと思い銀行に問い合わせてみたのですが、追加融資を受けることができず、途方に暮れていました。

そんな時に知人から教えてもらったのがファクタリングという方法でした。ファクタリングなら短期間で資金を確保できるとのことだったんですが私も忙しく、近くに良さそうなファクタリング会社がなく困っていました。インターネットで探していると来社不要で即日資金調達も可能という謳い文句をみつけてQpaさんを利用することにしました。相談にも真剣に乗ってくれましたし、私がファクタリングのことをよくわかっていないというとしっかり説明をしてくれて、私に最もあったファクタリングを選んでいただけました。翌日には現金化してもらえ、無事に各種支払いを乗り越えることができました。

こういったことはいつ起きるかわからないので、日頃からしっかり資金調達の方法を知っておくというのは大切なことだと身をもって思い知りました。今後またこのようなことがあれば、Qpaさんにお願いしようと思っております。

日頃からガソリン代や高速代などに困っていたんですが、ついにトラックの修理が必要になってしまい、流石に予想していなかったので途方に暮れてしまいました。銀行からの融資なんて受けられそうにないし、トラックが故障したままだと仕事にならないし、ということでネットで懸命に調べている時にファクタリングの存在を知りました。しかし、ファクタリングの手数料も結構かかるのでできるだけ足りない分ぎりぎりの買取をしてもらおうと思ったため、そんな小額は相手にできないと断られ続けました。ファクタリングも無理なのか、と思い出した時に見つけたのがQpaさんです。10万円から買取可能ということで、ここなら私でも利用できるのではないかと思い早速問い合わせをしました。小額の取引なのにも関わらず親切な対応で、しっかり説明していただけました。

相談した翌日には無事資金が調達でき、トラックも無事修理することができました。Qpaさんでファクタリングをしてもらったおかげでなんとか経営も軌道に乗り始めたのですが、今後もトラックの故障など急にお金が必要になることがあるかもしれません。今度からは慌てずにまずQpaさんに相談したいと思います。


今までは小規模な仕事をたくさん受けていたのですが、急に大きな仕事が舞い込んできました。最初は喜んだのですが、慣れない大きな仕事で外注費なども把握しきれておらず、とても今ある資金では仕事を進められなくなってしまいました。そこでなんとか資金を調達しようと銀行に行くなどしてみたのですがどれも失敗に終わり、どうしたら良いかと悩んでいました。そんな時にファクタリングのことを知り、Qpaさんのこと見つけました。ファクタリングのことは全く知らなかったので、相談の時にどんなシステムなのか根掘り葉掘り聞きました。面倒に思われるかなと思いましたがそんなことはなく、最後まで親切に対応していただけました。

1日で資金調達をしてもらえ、無事に外注費などの費用を払い終えることができ、仕事も無事完了することができました。今後もこういった突然大きな仕事が来たりお金がかかったりしたときはQpaさんを利用させてもらおうと思います。

Qpaの口コミで多かったのが対応がよかったという意見です。資金調達も1日程度で完了した人が多く、急いで資金を用意する必要がある人にもおすすめのファクタリング会社です。

ファクタリングマン
Qpa(キュッパ)で小額のファクタリングをしてもらったという口コミも多かったので、他のファクタリング会社では小学すぎて相手にしてもらえなかったという人もとりあえず無料相談をしてみるのがいいと思います。相談はメールでもできるので、思い立った時にすぐ送りましょう。

現金化の達人
個人事業主や法人ならファクタリング!個人ならクレジットカード現金化
【最新版】クレジットカード現金化のおすすめランキング2019

お金に困った時の最後の調達手段としてクレジットカード現金化を知ってますか?調べてみるとランキングサイトばかりで現金化って ...

続きを見る

よく読まれている記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-金策
-,