ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

次の「007」は黒人美女「ラシャーナ・リンチ」に決定!「ボンド・ガール」の愛称も禁止に!?

投稿日:2019年7月16日 更新日:

大人気スパイ映画の「007」の最新作で、ジェームズ・ボンドを演じるのも引き続きダニエル・クレイグです。

ダニエル・クレイグにとっては最後のボンド役となります。

ダニエル・クレイグが演じるボンドは、作品の中でM16のコードを降ります。その後のボンドはどうなるのか?というと、ラシャーナ・リンチが受け継ぐことが決まりました。

007を受け継ぐのは黒人美女のラシャーナ・リンチ

「007」の関係者は、メール・オン・サンデーでこのように語っています。

「冒頭には非常に重要なシーンがあります。
Mが入りなさい007と言うと、黒人美女のラシャーナ・リンチが登場します。

このシーンは驚愕のシーンとなるでしょう。

ボンドはボンドのまま存在していますが、今後007というコードはこの黒人美女がもつことになります。

そして、ラシャーナ・リンチとボンド中心に物語は進行していくのです。

要するに、黒人美女が007の後任として起用されたということですね。

作品中、ボンドは007を口説くものの相手にされない

ストーリーの中でボンドは当然新しい女性の007に惹かれ、いつも通り口説こうとします。ですが、2人は噛みあいません。

実はこの若き黒人美女の007は、すでにボンドに呆れていて、関係を持つことに興味がないのです。

ボンド・ガールではなくラシャーナ・リンチはボンド・ウーマンに!

また、ラシャーナ・リンチや他の女性出演者に対して、「ボンド・ガール」と呼ぶことも禁じられ、今後はボンド・ウーマンと呼ぶようになると関係者たちは語っています。

最新作「007」では、2005年作「007 スペクター」で宿敵のプロフェルドを演じたクリストフ・ヴァルツも、作品に再登場するのでは?と推測されています。

というのも、シリーズ第25弾を現在撮影中のパインウッド・スタジオで、クリストフ・ヴァルツが目撃されているからです!

「スペクター」ではボンドと兄弟同然に育てられたことが明かされました。
プロフェルドは自分の組織が高度な犯罪捜査に巻き込まれないようにと、世界的な監視網を作ろうとします。

しかし大爆発によって顔にひどい傷を負い、最後は乗っていたヘリコプターが墜落。

結果的には残骸から生き延び、生存していることが明らかにされました。
最新作で再登場するというのは本当なのか、また、登場するとしたらどのような活躍ぶりを見せてくれるのか、これからが楽しみですね!

ラシャーナリ・リンチのプロフィール

  • 生年月日:1987年11月27日(31歳)
  • 出身地:イングランド・ロンドン
  • 主な出演作:「キャプテン・マーベル」

ロンドンのハマースミスで生まれましたが、ジャマイカ系です。
ロンドンで有名なアート・エデュケーションスクールで演劇のBAを取得し、卒業します。

2011年に映画デビューを果たした草品は「Fast Girls」です。

2019年には、鋼板したディワンダ・ワイズの代わりにマリア・ランボー役を演じた「キャプテン・マーベル」が公開されます。2019年4月には「ボンド25」のキャストに追加されたことが発表されました。

よく読まれている記事



-トレンド
-