ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

田原俊彦と当時を振り返る!「僕はジャニーさんの最高傑作になりたかった」58歳現役!苦しくないの?

投稿日:

40代にもなれば、超一流アスリートだって引退の決断をする時がやって来ます。

一流だからといって、一生現役でいる道が保証されているわけではありません。

野球の世界で言えば、あのイチローや上原浩治選手も引退を決意しましたね。

しかし芸能界はどうでしょうか?

芸能界はスポーツと違って独特な業界で、極端な話、一生現役であることが「使命」でもあります。

デビュー40周年を迎えた田原俊彦は現在58歳。

アラシックスにもなる年齢になっても、20代の頃ヒットした曲の数々を踊って歌っていて今も健在です。

引退が特にない芸能界で、若かりし頃の歌を歌って期待に応え続ける日々は、苦しくないのでしょうか?

いまだに足が上がる男・田原俊彦の本音は…?

58歳になってもいまだに足が上がっているので、肉体的にはまだまだイケそうな感じもしますが、胸中はどうなのでしょうか?

田原俊彦:「とにかくステージが好きだからね。

引退なんて考えてないよ。
生きていくためにも仕事はバリバリ継続しなきゃいけないし、厳しい時期だってあったけど、ライブが僕の生きる道なんだって信じて走ってきた。
50代には50代なりの見せ方がある。

だから今もこれからも、常に全力でライブに取り組んでいきたい。」

と、頼もしい回答をしてくれました。

田原俊彦のキャリア

田原俊彦がジャニーズの活動を始めた頃をたどってみると、1976年8月に遡ります。

田原俊彦の故郷・甲府から、先日亡くなったジャニー喜多川氏の元に、ジャニーズ事務所入所の直談判に行きました。

それから翌週かにはレッスン参加が許可され、高校卒業後の1979年「3年B組金八先生」に生徒役として出演します。

翌年6月「哀愁でいと」で歌手として堂々のデビューを果たしました。

1970年代後半はジャニーズが低迷していた時期でしたが、田原俊彦こそが救世主となったのです。

田原俊彦:「ジャニーさんは命がけで田原俊彦を作ったからね。

ライブの構成や曲の順番を決めるだけでなく、バンドが音を止めたり、僕が動き出したりするタイミングとか細かいところまで指示くれてた。

事務所から衣装も運んでいましたよ。
すごく厳しい人だった。

自分で今日はよくできたなと思っても、ジャニー社長はあのシーンはワンテンポ早かったとダメ出しされた。
僕はジャニーさんの期待に応えて最高傑作になりたかったから頑張った。」

ジャニー氏は、世界の最先端を取り入れることにもこだわっていました。
1983年5月16日、マイケル・ジャクソンが初めてムーンウォークを披露した番組が全米で公開されるとすぐに映像をキャッチ。

田原俊彦もマスターするために、合宿所で毎晩見て研究しました。

6月30日の「ザ・ベストテン」では、日本人として初めてその腕前を披露して会場を沸かせました。

田原俊彦:「僕より少年隊の錦織や東山紀之さんの方がマイケル・ジャクソンのビデオを観て研究していたよ。

植草君は寝ていたけど…!」

ライバルとも言われていた近藤真彦は2015年、「紅白歌合戦」でトリを務めました。
突然の抜擢に違和感を覚える声もありましたが、どう感じたのでしょうか?

田原俊彦:「マッチにはマッチの立場があるからね。
NHKがお膳立てしてくれたら断れないでしょう。
僕がいいとか悪いとか言えないな。」

田原俊彦は1987年の紅白には落選しています。

「抱きしめてTONIGHT」が大ヒットされたことで再選を果たしましたが、出場を辞退しました。

今後オファーがあったらどうするのかという問いに対しては、

田原俊彦:「心の中に答えがあるよ。

いずれにせよ、オファーが来るほどのヒット曲を出せるように頑張らなければいけない。」

ジャニーズ事務所独立から人気が低迷?

1992年にはドラマ「逃亡者」で主演を務め、「雨が叫んでいる」で24.3万枚を記録します。それ以降は売上記録が落ち込み気味になってしまいますが、その原因については、1994年3月のジャニーズ事務所独立だと言われています。

これに対して田原俊彦は、

「憶測を言われるけど、僕にパワーがあれば全部覆せると思う。誰かの責任にするつもりはないよ。」

と、率直に自分の意見を述べました。

よく読まれている記事



-トレンド