ひぽぽたます

Life is one time only

トレンド

小室哲哉氏とKEIKOは離婚調停中だった!婚姻費用は毎月8万円か?

投稿日:

元音楽プロデューサーーサーの小室哲哉氏(60)は、2018年1月に引退を報告しましたよね。

 

そんな小室哲哉氏は2019年10月21日、妻のKEIKO(47)と離婚調停中であることが判明しました!

 

小室哲哉は昔、KEIKOと音楽ユニットglobeとして活動していました。

 

2019年に入ってから、なんと5回もの離婚調停がされています。

気になるのは婚姻費用分担ですが、やはりこのトピックが離婚調停でメインの問題になっています。

 

婚姻費用というのは、別居中の生活費のことです。

 

それについて小室哲哉は、KEIKO側に毎月8万円を提示しています。

 

2011年にKEIKOがくも膜下出血で倒れて以来、KEIKOのリハビリテーションに付き添っていた小室哲哉ですが、2018年1月には看護師との不倫騒動が出てしまいます。

 

「週刊文春」に不倫疑惑を報道されてしまい、これをきっかけに所属していたエイペックスを辞め、音楽業界から引退します。

 

小室哲哉はコメントで、「僕も3年前くらいから疲れ始めていました。」と、疲労に苦しんでいたことを明かしました。

 

関係医者によれば、現在KEIKOは地元の大分県で暮らしているそうです。

体は順調に回復していて、日常生活に支障がないくらいになっているとのこと。

 

2019年1月には、ツイッターを本格的に再開し、私生活でカラオケやジムを楽しんでいる報告もしています。8月18日の誕生日には、ツイッター上でたくさんのバースデーメッセージを受け取り、「ありがとう!」と感謝しています。

 

小室哲哉がかつて所属していたエイベックスは、KEIKOの所属事務所でもあります。

エイベックスが2人の離婚調停について聞かれると、実際調停が進んでいることは認めたものの、「プライベートなことなので、コメントは控えさせていただきます。」と、詳細を伏せました。

 

 

かつての億万長者・小室哲哉がKEIKOと結婚して借金地獄に陥ったワケ

 

数々の女性アーティストを世に送り出し、爆発的な人気が出るまでに育て上げるプロデューサーだった小室哲哉は、KEIKOと再婚する前までは言ってみれば億万長者。

 

しかしKEIKOと結婚した当時から、すでに借金まみれだったのです。

 

新婚の1年だけでも数億使い、人生で一番浪費した時期と話していたほどです。

どうしてそんなに無茶な浪費をしたのでしょうか。

 

小室哲哉「新婚1年目が人生で一番贅沢したと思う」

 

当時すでに借金まみれで、破綻への道まっしぐらなのは十分承知の上、破綻する前にKEIKOに思いっきり贅沢をさせたかったのだと明かしています。

 

要するに、心中ですね。

 

KEIKOへのプレンとも贅沢なものばかり。

ブランド物の服やバッグ、ベンツ、時計といったように、新婚の1年だけでも数億円を使い果たしたのです。

 

ちなみに小室哲哉の前妻は、元歌手のAsami(33)です。

 

2001年5月に結婚し、2002年3月に離婚しました。

総額10億円以上にも上る慰謝料と長女への養育費を抵抗なく受け入れましたが、それは一刻も早くKEIKOと再婚したかったからだと話します。

 

慰謝料は3憶7780円、長女が成人になるまでの養育費は毎月200万円から390万円。

小室哲哉が5億円の詐欺罪に問われた時、Asamiは検察側の調べに対し、結婚して長女を出産した頃から、小室被告は外泊が増え、外に女性がいるのでは?と疑うと浮気を認め、別れることができない関係にあると話したと述べます。

 

当時から女性アーティストにモテていた小室哲哉。モテ過ぎるあまりに人生の歯車が狂ってしまったのでしょうか。そして現在は、極端に言えば天から地…。

 

小室哲哉、Asamiとの初婚の前には華原朋美とラブラブだったけど…?

 

小室哲哉の独身時代、最も有名な交際相手だったのは華原朋美です。公私共にラブラブで、2人の関係はオープンでしたね。

 

華原朋美はもともとグラビアアイドルだったのですが、小室哲哉との出会いから一転、一躍トップシンガーへと成長していったのです!

 

1995年に熱愛が発覚し、番組でものろけを隠すことなく二人は交際を続けます。

結婚するのでは?と期待されていましたが、残念ながら3年で幕を閉じてしまいます…。

 

あんなにお似合いでラブラブだったのに!破局の原因はなんだったのでしょうか?

 

最初の頃はうまくいっていたのdすが、しばらくすると多忙を極める小室哲哉は、あまり華原朋美の相手ができなくなってしまいます。

 

理解のある女性であれば平気だったのかもしれませんが、ちょうど華原朋美は構ってちゃんの性質が強い女性でした。

忙しい小室哲哉に対して構ってコールを控えず、異常なまでに依存してしまったのです。恐ろしいほど依存してくる華原朋美を、最終的に小室哲哉が振ったと言われています。

 

また、あとで分かったことに、小室哲哉は甘えられるより自分が甘えたいタイプだったようです。

華原朋美も典型的な「甘えたいタイプ」。小室哲哉も甘えたかったのに相手に甘えられ、依存され、負担が重すぎたのではないでしょうか。

 

一言で言うなら「性格の不一致」ですね。

 

しかし小室哲哉にも問題があります。というのも、恋愛遍歴を調べるとこれまたいろんな女性が出てくるのです。

 

音楽の才能があってモテるのは分かりますが、その環境に乗っかり、とっかえひっかえやっていた印象です。女グセはいいとは言えないですし、飽きっぽいのではないかと言えます。

離婚調停、うまく落ち着くといいですね。

よく読まれている記事



-トレンド