ひぽぽたます

Life is one time only

青汁

ゼリータイプの青汁の選び方とメリット

投稿日:2018年3月10日 更新日:

健康食品として人気の青汁には「苦い」「不味い」「作る手間がかかる」というデメリットのイメージがあります。
確かに昔の青汁はケールや明日葉といったクセの強い野菜の味が強かったです。
でも、最近は配合バランスを変えたりフルーツを混ぜるなど、美味しく飲める青汁も出てきています。

そんな中でもゼリータイプの青汁は手軽で美味しく、妊娠中の女性でも食べられるという利点が多いです。
青汁なので大麦若葉やケールなどがもつ食物繊維や栄養素はそのままで、摂取しやすくなっています。

メリットが多そうなゼリータイプの青汁について、ここではもう少し掘り下げて行きます。

ゼリータイプの青汁のメリットは?

まずはゼリータイプの青汁のメリットや便利な使い方をご紹介していきます。

開けてそのまま食べられる手軽さ

粉末タイプの青汁は水や牛乳に混ぜる手間があったり、冷凍タイプは解凍に時間がかかります。
グラスを洗う手間も考えるとちょっと面倒というイメージになりますよね。

ゼリータイプは開封してそのまま和菓子のような感覚で食べられるので非常に楽という利点があります。
忙しい方や妊娠中で動くのが大変な方でもぱぱっと食べられるのは大きな利点です。

携帯が便利でどこでも食べられる

殆どのゼリータイプの青汁は1食ずつスティックタイプに個装されています。
手のひらに収まるサイズなので持ち運びが便利ですし、外出先や出張先でもどこでも食べることが出来ます。
複数個でもポーチに収まる程度のサイズなので邪魔にもなりません。

製品によって冷蔵が必要なものもあるので、携帯する場合は保存方法の確認が必要です。

味が豊富でお菓子感覚で楽しめる

パイン味やリンゴ味、抹茶風味など青汁ゼリーにはいろいろなタイプの風味が付いています。
黒糖と抹茶風味のものは特に多く、和菓子のような感覚で美味しく食べられます。
青汁が苦手という人でもゼリータイプなら食べられるということも多く、美味しさの面でもゼリータイプは優れています。

食物繊維や青汁の栄養素はそのまま

ゼリータイプになっても粉末タイプと同じような野菜の栄養素がそのまま詰まっています。
特に食物繊維は成人女性が1日に必要とする18gをカバー出来る製品が多いので、便秘の解消にも良いです。
小さなゼリーを食べるだけでお腹の調子が改善し、美容にも良いというのは女性にはとてもうれしいですね。


ゼリータイプの青汁がオススメの人

手軽さが魅力のゼリータイプは忙しい毎日を送る人に特にオススメです。
中でも

・妊娠中や育児中で自由な時間をなかなかママさん
・仕事で忙しくて食生活を見直す時間がない方
・青汁の苦味や青臭さが苦手で挫折したことがある
・ダイエット中で間食を我慢してストレスが貯まっている
・外出が多くて携帯出来る青汁を探している
・飲み忘れたり面倒になってやめてしまうことがあった

こんな方々にとって青汁ゼリーはとても便利で食べやすい嬉しい存在になると思います。
開封してそのままパクパクと食べられるので、洗い物も一切でません。
ちょっとでも家事を減らして時間も節約したいという人や、外出が多い人はぜひゼリータイプの青汁をはじめてみて下さい。

逆にアレンジした食べ方を試したかったり、喉越しを楽しみたいという方にゼリータイプの青汁は不向きです。
自分に合ったタイプの青汁を探してみてくださいね。


ゼリータイプの青汁の選び方

メリットが多いゼリータイプの青汁を飲んでみたいと思い始めたのではないでしょうか?
実際に商品を探してみるとわかると思いますが、かなりの種類のゼリータイプの青汁があります。
価格や味、容量などそれぞれ違う特徴がありますが、どんな商品を選ぶといいのでしょうか?

1番大事なのは食べやすさ

青汁はドリンクタイプでもゼリータイプでも2週間以上続けて効果が出てくることがほとんどです。
なので選ぶ時はなによりも「続けられること」が重要になります。
その上で味は非常に大事なので、自分の好みに合った味や大きさのものを選ぶようにしましょう。

美味しい青汁ゼリーであればおやつのように楽しんで食べられるので苦になりませんよね。
サンプルを取り寄せたり、ネット上の口コミをチェックして味を確認してみましょう。

コスパにも注目

続けることが大事な青汁はコスパの面でも続けやすいものを選ぶと良いです。
何ヶ月も続けても経済的な負担にならない価格帯で、割引やキャンペーンがあるものだとお得ですね。
まとめ買いでお得になるものはご家族分や友人と一緒に購入して費用を抑えるのも良さそうです。

原材料の安全性にも注目

コスパの良い安い青汁を探していると、中国産の原材料を使っているものが出てきます。
できれば中国産のものは避け、安全な国産の野菜だけを原材料に使っているものを選ぶことをオススメします。

また、現在薬を飲んでいる方は飲み合わせに注意してくださいね。
青汁は野菜が原料なのでとても安全性が高い食品ですが、薬によっては効果を損ねてしまうことがあります。
服用薬がある場合はまずは医師に相談してから注文して下さい。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

おうちホームステイを体験してきました。おうちホームステイは詐欺?怪しい?などの口コミが多いため敬遠されがちですが、山内勇樹が開発したおうちホームステイの費用なども考えたうえでおすすめしていきます。是非1度おうちホームステイの動画講座を受講してみてください。

3

目次1 フルーツ青汁の選び方。ダイエットや美容におすすめ!2 フルーツ青汁とは?3 フルーツ青汁の選び方、3つの大事なポ ...

-青汁
-, , , ,