ひぽぽたます

Life is one time only

青汁

青汁で便秘が解消する理由は?

投稿日:

女性の多くが抱えているお通じの悩み。
中でも便秘で悩んでいる人は多く、長引くとお腹が張って苦しかったり肌荒れが出てきてしまうことも。
他にも便秘による弊害は色々とあり、気づかない・自覚症状がないだけでどんどん体調を悪化させます。

便秘によって腸内に悪玉菌がどんどん増えて、腐敗物質が作られてしまうのが特に厄介です。
便臭や体臭・口臭がきつくなってしまうこともありますし、怖いことに発がん性のある物質も増えてしまうんです。
便秘を放置していると美容やエチケット面だけでなく健康面でも大きな被害が出ることがあるわけです。

そんな意外と怖い便秘を予防するには青汁を飲む習慣をつけるのがオススメです。

そもそもなぜ便秘になってしまうのか

便秘の原因は簡単に分類すると以下のようなものがあります。

・食生活や生活習慣の悪化
・腸の病気
・便意を我慢しすぎて腸の運動が鈍化した
・大腸の運動能力と緊張が低下した
・ストレス

自分がどのタイプか見極めることが重要で、この中で青汁が効果を発揮するのは「食生活や生活習慣の悪化」が原因の便秘です。
ストレスが原因のものに対しても全く効果がないわけではありませんが、その場合はストレスの原因を探って解消することのほうが先決になります。

食生活や生活習慣が乱れてしまうと、腸内の悪玉菌という存在がどんどん増えてしまいます。
日和見菌という数が多い方の味方をする菌もいるので、悪玉菌が増え始めると爆発的に腸内の状態が悪化します。

悪玉菌が増えた状態だと、有毒ガスや有害物質がどんどん腸内で作られていきます。
これによって便や老廃物を運ぶ腸のぜんどう運動が低下して、便秘という症状が発生しはじめます。
便秘になっているとオナラが臭くなるのは、腸内で腐敗が進んでいたり有害なものが作られているからなんです。

青汁には善玉菌を増やすきっかけとなる栄養素が非常に豊富です。
ですので食生活や生活習慣の悪化が原因で悪玉菌が増えたことによる便秘には青汁が効果的なのです。


青汁は便秘に対してどんなアプローチをするのか

青汁に大量に含まれている食物繊維が主に便秘に対して効果を発揮します。
食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、名前の通り水に溶ける食物繊維と溶けない食物繊維です。
それぞれが便秘解消に対して大きく効果を発揮します。

水溶性食物繊維

水溶性の食物繊維は腸内の善玉菌の餌になるので、摂取してあげると善玉菌が元気になります。
元気になると数も増えていくので、腸内環境が整って便秘の解消へと近づける環境が作れます。
解消に加えて予防もできるので、普段から摂取しておきたい栄養素の1つです。
さらにコレステロールを体外に排出する働きもしてくれるので、生活習慣病の予防も出来ます。

食品では海藻類やきのこ類、やまいも、納豆などに多く含まれますが、なかなか大量に摂取できません。

不溶性食物繊維

水を含むと膨らむという性質のある食物繊維で、腸内で膨らんで腸壁を刺激する働きをします。
腸壁が刺激されるとぜんどう運動が活性化するので、滞っていた便を押し出せるようになります。
膨らむことで便のかさ増しができるので、少食で便がなかなかたまらずに排出されない人の便秘も会主出来ます。

ブロッコリやごぼう、いんげんなどの豆類に多く含まれています。
摂取する際には水分を多めに一緒に飲まないと十分な効果を得ることが出来ません。

それぞれ違う働きをする食物繊維は、どちらも便秘の解消に大きく役立ちます。
片方だけでも便秘には効果がありますが、できるだけ両方まとめて水分と一緒に摂取すると良いです。

とはいえ食事からだけだとなかなか難しいので、青汁での摂取が1番楽で手軽ではないかと考えられます。
ではどんなふうに青汁を活用すると便秘解消に繋がるのでしょうか?


食物繊維を効果的に摂取する青汁の活用法

お話したように水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を摂ることは便秘の解消に繋がります。
でもなかなか十分な食物繊維を摂取出来る食事の献立は難しいですよね。

特に働いている人はコンビニや外食が多くなってしまうので、慢性的な食物繊維不足になりガチです。
そこでオススメしたいのが食事のサポートとして青汁を飲むということです。

青汁の原材料には大麦若葉・ケール・明日葉が挙げられ、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。
特に大麦若葉の食物繊維量は豊富なのですが、どの野菜もあまりスーパーでは見かけませんよね。
なので青汁という形で摂取すれば、日々の野菜不足は解消できて食物繊維もしっかりとれます。

ヨーグルトなど乳酸菌が入った食品と一緒に青汁を摂取するのも非常に効果的です。
乳酸菌には腸内フローラのバランスを整える力があるので、青汁の栄養素と相まってかなり高い便秘解消効果を発揮してくれます。
最近は乳酸菌入りの青汁も出てきているので、そういった便秘解消に特化した製品を飲むのもよいでしょう。

青汁の便秘解消効果は飲んだ翌日や数日で効果が現れることが多いです。
とはいえ人によって差があるので、まずは青汁を2週間続けてみて下さい。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

ひぽぽたますではテンプレート「AFFINGER(アフィンガー)」を利用しています。今まで数々のテンプレートを利用してきて ...

3

新たな仮想通貨である、m-plusコイン(エムプラスコイン)のICO・トークンセール情報が入ってきました。次から次に新し ...

-青汁
-, ,