ひぽぽたます

Life is one time only

ソイエ 脱毛 脱毛器

家庭用脱毛器「ソイエ」の効果や口コミまとめ2018

投稿日:

目次

家庭用脱毛器「ソイエ」とは

仕事や家事に忙しい女性でもきれいを手に入れる!女性のキレイを応援するパナソニックが誇る美容家電ブランド、パナソニックビューティーのソイエは長年愛され続けている定番商品です。家庭用脱毛器のパイオニアのような存在になります。

ソイエを使わない場合のデメリット

家庭でのムダ毛処理というと、カミソリ、毛抜きを使用した方法が定番なのですが、これらはメリットよりもデメリットの方が多く挙げられることが多いです。

お肌に刃を当てて表面の毛を取り除くカミソリの場合には、手軽に短時間でムダ毛を処理できます。

しかし、その反面お肌を刺激から保護するはずの角質も取り除いてしまいますので、乾燥や肌荒れを起こしやすくなります。

毛の根元が残っているのでお肌を撫でるとチクチクしたり毛穴はポツポツとした状態になります。
また、毛の断面が斜めにカットされるので、伸びた毛が太く見えるようになります。

一方、毛を1本ずつ引き抜く毛抜きの場合にはムダ毛のない状態が長持ちします。
しかし、毛を抜く際にお肌が引っ張られるので、お肌にかかる負担が大きく手間もかかります。

お肌トラブルはできるだけ避けたい、触り心地も良くしたいものの面倒なものは嫌だ…
そのような人に適しているのが、ソイエです。
ソイエはカミソリと毛抜きのデメリットを解消すると同時に、良い部分だけを組み合わせています。


ソイエシェーバーの使い方

ソイエの使い方はとても簡単です。
スイッチを入れたらお肌に当ててすっと滑らせるだけです。
そのため、ちょっとしたコツでより効率良く脱毛が可能になるのです。

ソイエの泡脱毛機能

泡脱毛機能が付いているものの使い方をご紹介します。

泡脱毛機能の使い方は、肌に油分が残っている状態だとムダ毛がソイエに絡みにくくなりますので、清潔なお肌で使用するようにしましょう。ムダ毛の長さは2ミリから3ミリが理想的です。長すぎる場合はカットしておくのがベストです。

次にお肌を濡らします。
そしてアシ、ウデ用、またはワキ、ビキニライン用ヘッドを取り付けてください。

ヘッドを濡らしてボディソープをワンプッシュ分つけます。
ボディソープは市販のもので良いのですが、スクラブ入りのようなザラザラしたものは使用できません。
固形石鹸を使用したいのであれば、ソイエにつけずに泡立てたものを肌に直接塗っておくようにしてください。

スイッチを入れるとヘッド部分が自動で回転をして泡ができます。
本体や手に泡がついていると滑りやすくなってしまいますので注意してください。

泡を使ったらソイエで脱毛開始

そしていよいよ脱毛です。肌に対して90度にソイエをあてるようにして、毛の流れに逆らうようにしつつ本体を滑らせていきます。

  • 両足⇒下から上に向かって動かす
  • 両腕⇒腕の外側から内側に向かって動かす
  • 両ワキ⇒皮膚がたるまないように腕をピンと上げて上下に動かす
  • ビキニライン⇒指で肌を広げつつ、内側から外側へ、毛の流れに逆らうようにして本体を動かしていきます。

文字にするとちょっと長くなりますが、実際に脱毛するとボディソープを使用して脱毛するだけですのでとても簡単です。
泡脱毛機能を使用しないドライ脱毛はもっと簡単です。
スイッチを入れて本体を体にあてるだけです。
脱毛が終了したらソイエから毛くずを取り除いてしっかり乾かしましょう。

ソイエで脱毛は痛いの?

毛抜きでムダ毛を抜いた場合には痛みが強いものですが、ソイエは痛みがそこまで強くありません。
というのも、ムダ毛を1本から2本抜くと痛みが集中するので痛いのですが、ソイエのように一度にまとめて複数の毛を抜く場合には痛みを感じにくくなります。

とても気軽に、効率よくムダ毛の処理ができるので試してみてくださいね。

ソイエの泡脱毛って?

パナソニックの脱毛器 ソイエは、ムダ毛を抜く家庭用脱毛器ですが、通常、毛を抜くと毛穴周辺のお肌に非常に大きな負担がかかりお肌トラブルの原因になります。
そこで、ソイエはソープの泡を使用した泡脱毛を行うことでお肌に優しい脱毛を実現しました。

そもそもお肌は乾燥している時にはお肌の表面を保護するはずの潤いの膜が不足しており、色々な刺激を受けやすくなっています。
つまり非常に無防備なのです。

そんな状態で毛を抜いてしまうと通常よりも痛みが出やすくなり、その結果としてお肌の赤み、炎症といったものも起こるのです。
つまり、脱毛はお肌が潤った状態で行うのがベストなのですが、わざわざクリームなどを使用して行うのは面倒です。
化粧品の油分が毛に付着をして上手く抜けなくなることもあります。

また、保湿ケア後に毛穴が閉じている時に無理をして毛を抜いていると毛穴が開いたままになります。
そこで、お肌への優しさと手軽さ、快適な使用感を実現するために考え出されたのがお風呂の中で行う泡脱毛なのです。

ボディソープを使ってお肌に優しい脱毛を

ボディソープの泡に包まれたままの状態になっているお肌は潤いに満ちていてとても柔らかく、脱毛を行う時には絶好のタイミングです。
ついでに手軽に脱毛でき、後片付けもとても簡単です。
お風呂で温まったお肌は毛穴が開いているので乾いた状態のときよりも毛が抜けやすくて、お肌にかかる負担を最小限に抑えることができます。

キメ細かい泡がムダ毛の1本1本を絡め取ることで、痛みの少ないとても柔らかい使い心地で根元からスルッと優しく抜き、見た目も触って心地良いお肌に導いてくれます。


ソイエは光脱毛ではありません

ソイエは光を照射して毛根の働きを破壊してムダ毛を処理するのではありません。
では、このソイエを販売しているパナソニックでは光脱毛器を販売していないのかといえばそうではありません。
ソイエ以外の光脱毛をご紹介します。

光エステ「ES-WH83」

パナソニックの光脱毛器である光エステES-WH83はリーズナブルで人気製品の一つです。
とても知名度も高い製品です。
シェービング後のお肌に使用して、ムダ毛のないスベスベのお肌を自分のものにすることができます。

使用できる部位はワキ、腕、脚、ビキニラインといった4つのポイントになります。
部位に合わせて使用することができるように、5段階の出力レベルで使い分けができます。
ランプカートリッジも交換不要になりますので、コストパフォーマンスも良くなっています。

光エステ「ES-WH83」の使い方は?

商品の取扱説明書にも記載しているのですが、初めて脱毛器を使用している人のために簡単に使い方を紹介したいと思います。
お手入れする部位のムダ毛をシェービングして、除毛することなく光エステを使用することで、毛がガードに付着してしまい取り除けなくなってしまう可能性があります。

出力レベルを選択して、フラッシュが発光するまで直接部位に垂直に押し当てていきます。
お肌に残った毛を拭き取ってきれいな状態に整えます。
脱毛し終わった後は、保湿クリームを塗ってアフターケアを行います。

光エステ「ES-WH83」シリーズの発売中、発売予定の商品

ES-WH75

ランプ寿命約15万発と非常にパワーアップしているES-WH75ですが、フェイス用アタッチメントが付属されていて、ボディから顔まで光エステ1本あれば簡単にケアすることができます。

フェイス用アタッチメントは非常にコンパクトな照射面となっています。
鼻下の細かい部分でもとても簡単に使用できます。

ES-WH85

ボディ専用の脱毛器ES-WH85は広範囲照射によって全身をスピーディーに脱毛することができます。
従来の品物の1.5倍もの長寿命となっていますので交換不要です。

ES-WH95

約2.5秒間隔のスピード照射できる商品です。
急な外出などにおいてもすぐにお手入れすることができるので、安心して使用できます。
両脇で約2分、ビキニライン約2分と短時間で効率よく脱毛できるのです。

ES-WH83のような光エステって?

そもそも、光エステというのはどのような特徴があるのか知りたい方も多いと思います。
それでは光エステの特徴を5つご紹介します。
他の脱毛器との違いも十分に見極めるようにしましょう。

脱毛効果ではなく抑毛効果が得られます。
永久脱毛とは異なり、抑毛効果のある光エステというのは、脱毛と違って毛が生えてくるスピードをかなり遅くすることができます。

光エステの脱毛器照射レベルは5段階になっており、使用する部位次第で出力数を変化できます。
痛みや刺激を抑えたい人は段階を上げて、お手入れにかかる時間を少しでも短くしたい、というのであればレベルを上げて使用してみてください。

顔やビキニラインのデリケートな部位なのであれば、レベル1から3、脇や足といったムダ毛の濃い部分は3から5で脱毛すると良いでしょう。

ここで注意すべきなのは、敏感肌の人はできるだけ最初の段階で低いフラッシュ出力から試すことです。
いきなり高いレベルのものから使用すると痛みを感じてしまうことになります。
また、お肌トラブルの原因になってしまうこともありますので、できるだけフラッシュ出力数を高めていきましょう。

光エステはお肌のキメを整えられる

お肌のキメを整えられるのも光エステの特徴になります。
特に顔やビキニラインというのはデリケートな部位になっていますので痛みやすくなります。

パナソニックの光エステではフェイス用アタッチメントが付属してあります。
顔のムダ毛をケアしつつ美肌ケアもできるので、使用するほどにお肌がきれいになります。
お肌のキメが整うことで顔色も良くなります。

効果には個人差が出ますが、美白効果もあるというのは実際にわかっています。
20代ならまだお肌がきめ細かくきれいですが、30代から40代になるとお肌のたるみ、シミやシワといったものが目立ちます。
お肌をぱっと明るく見せるためには脱毛はもちろん、お肌もしっかりときれいにしなければなりません。

光エステの脱毛器を使用することで、とても美しい素肌を手に入れることができます。

また、コードレスで使いやすいのも魅力的です。
コードレスタイプになっているので、持ち運びしやすいです。
コードレスで充電式になっていますので、コードが邪魔になってしまうこともありません。

ストレスフリーで安心して処理できます。
ES-WH93の場合にはクイック充電機能もあります。
通常であればフル充電に3時間程度かかるのですが、クイック充電機能の場合には10分の充電で40発もの照射が可能になります。

またカートリッジ交換不要です。
通常、使用し続けていればカートリッジの交換が必要不可欠です。
しかし、光エステであればそのような必要はありません。

約10万発照射できる長寿命ランプになっていますので、カートリッジ交換が一切不要なのです。
また、カートリッジを交換するための料金ももちろん不要なので、安く済ませることが可能なのです。

とても手軽に使用できますが、ソイエほどの即効性はありません。
即効性を求めるのであれば、光エステよりもソイエがおすすめですよ。


ソイエの口コミ情報について

パナソニック 脱毛器 ソイエの最新モデル「ES-ED91」「ES-ED61」「ES-WS33」「ES-WS13」の口コミをご紹介します。

ソイエの最新モデルES-ED91に買い替えてみました

ずっと愛用していたソイエが壊れていたので買い替えです。
前の機種は生産終了していたということだったので今回は最新機種にしました。
前と比べてお肌にあたる感じがとても優しくて、脱毛時の刺激もさらに軽減されていると思います。

ヘッドの付け替えにつても前よりもかなりスムーズになっています。
LEDライトは薄暗いバスルームにおいて使用しても、しっかりと脱毛部位を確認しながら使えて便利です。

脱毛器としては、大きさの異なる2種類のヘッドとシェーバーがついていてとても使いやすいです。
思っていたよりもかなり痛みも少ないですし、仕上がりもきれいですよ。

脱毛がメインの商品ではあるのですが、個人的には角質の除去が予想以上に良いと思います。
自分で持っているヤスリというのは足指などの細かい部分にはなかなか使いづらいのですが、角質用ヘッドはサイズも形もちょうど良いですしすごく使い勝手が良いと思います。

脇は毛抜きで抜いていたので、痛みはほとんど感じません。
カミソリで沿っていた腕、足はチクチクしますが、これくらいなら全く問題なく処理できます。

やっぱり根元から抜いた時の方が毛がチクチクすることもなくて気持ち良いです。
心配していた毛穴トラブルなどもないので、見た目もとてもきれいです。
気のせいかもしれませんが、毛の量も減少して薄くなったように見えます。

時間をかけて1本ずつ少しずつ、地道に脇の毛を抜いた時よりも短い時間で終わりますし、お風呂で手軽に使えるところも良いです。
以前もソイエを使用していましたが、今回のタイプは回転も早くて音もとても静かです。

従来型よりパワーも性能も進化しているので使いやすいです。
毛が一気に抜けていく爽快感はとても魅力的です。

ソイエの「ES-ED61」が初めて買った脱毛器です

これが初めての脱毛器だったので最初はチクチクと痛みを感じたのですが、いつの間にか快適に使用できるようになりました。
初めて使ったと時には仕上がりが普通の毛抜きと違っていたので本当に驚きました。
毛穴が盛り上がって鳥肌のようになるようなことも一切なく、見た目はツルっと、感触はサラサラしています。

カミソリのように短時間で、手軽に使用することができて、毛抜きのように根元から処理できるので生えてくるのがかなり遅いです。
レーザーやフラッシュ式などといった、他のタイプの脱毛器も考えてみましたが即効性とコスト面を最重要視したうえで低価格な毛抜きタイプのソイエを選びました。

ソイエはかなり昔ですが使用した経験があるのですが、今はお風呂でも使用できるようになっているのでビックリしました。
入浴で毛穴が開いていることで痛みも少ないですし、お肌もとてもきれいになります。

簡単な使い方で時間がかからないですし、どこでも使用することができるコードレスというのは便利です。
産毛並みに細い毛はなかなか上手く抜けないのですが、普通以上の太さがあればきれいに抜くことができます。

ただ、LEDライトというのは明るい場所で使用すると少し見えづらいこともあるので、OFFにできる機能がついているとさらに高評価でした。
音は鳴りますが、わりと静かなので気にはなりません。

お肌が乾いた状態でそのまま使用すると痛いですが、じっくりお肌を温めてボディソープをつけて使ったら痛くないですし、泡脱毛が凄いです。
今まで1本ずつ時間をかけて抜いていたのが少しバカバカしくなってしまうくらいです。

光エステの「ES-WS33」を悩み購入しました

泡脱毛の機種と悩みましたが、できるだけ安く済ませたいと思ったので、複数の毛を同時に抜くと痛みはありますが、終わった後にはとても達成感があります。
やっぱり剃るよりも毛は抜いた方が触った感触もつるつるするので気持ち良いです。

脱毛はシンプルなものに限りますね。
コンパクトサイズで軽いから腕が疲れませんし、とても持ちやすいです毛器が。
デザインはピンク調の可愛い感じがありますが、パナソニックらしいというか、上品さがあります。

痛みの程度は毛抜きや脱毛器に慣れている人であれば平気です。
慣れていない人であっても数回使用すれば大丈夫なレベルです。

フラッシュ以上レーザー未満という感覚です。
手軽さや使いやすさで比較をするとソイエの価値ですね。

光エステの「ES-WS13」は使用しやすい

紹介文に書かれていたように、初めてでも使用しやすかったです。
最近はサロン仕様の本格的な脱毛器が色々出ていますが、私には十分だと思いました。

むしろ、シンプルなので良いと思います。
カミソリよりキレイに処理することができますし、手早く処理することができるので時間がないときには助かります。

今のところ肌トラブルもありませんし、毛が短ければ痛みもほとんどありません。
10年以上前に購入した旧型と比較をすると本体はとても小さくなりましたが、脱毛範囲は広くて、使いやすいです。

これなら頻繁に使用したとしてもストレスも感じることなく気軽に使い続けることができます。
この脱毛器を使ってみてよかったです。
脱毛器にも色々ありますが、毎日とても手軽に使用できるのでとても役立ってます。


ソイエの種類についてご紹介

ソイエにはいくつかの種類があります。ソイエの種類についてご紹介します。

脱毛器ソイエ「ES-ED95」

ソイエ史上最高の機能を誇っている最上位機種になります。
付属のヘッドは5種類です。
泡脱毛も角質ケアも可能です。

・発売日…2015年5月1日
・価格…21,800円(税抜)
・カラー…ピンク
・付属ヘッド…アシ・ウデ用脱毛ヘッド、ワキ・ビキニライン用脱毛ヘッド、シェーバーヘッド、音波スクラブヘッド、角質クリアヘッド
・使用できる部位…脱毛 除毛は両腕、両足、両わき、ビキニライン
・角質ケア…ひじ、ひざ、デコルテ、かかと
・防水機能…あり
・本体サイズ…高さ12.6×幅5.5×奥行4.1cm
・重さ…約170g(アシ・ウデ用脱毛ヘッド装着時)
・充電時間…約1時間
・連続使用時間…約40分
・コードレス

ES-ED95は現在販売されているソイエの中でも最も多くの機能を搭載しており、ドライ脱毛、泡脱毛、角質ケア、シェービングが可能です。シェーバーも付いているのがとても便利ですよね。

ヘッドの回転部には2つのディスクがあって、前後に60度稼働するため、お肌への密着度も高く効果的にスピーディに脱毛することができます。0.5mmくらいしか伸びていないムダ毛もしっかりと抜けます。

横になっているムダ毛を一度起こしてお肌を引っ張ることなくムダ毛だけをつかむことができるやわ肌ガードもついているんですよ。皮膚を一度軽く抑えたうえで、ムダ毛を抜くことができるので痛みも軽減されています。

パナソニックオンラインショップの値段は高めなのですが、他のお店からでも購入するのが容易です。

ソイエ「ES-ED95」の口コミ「痛みなし」

以前のソイエより機能がすごく良くなっていて、痛みもほとんどありません。
ケノンももちろん良いですが、価格面を考えるとソイエES-ED62がおすすめです。

シェービングよりもキレイになって、使い続けているとムダ毛の量も減少します。
洗えるので衛生面も安心です。
ソイエシリーズは長く使えるために経済的です。

ソイエ「ES-ED95」の口コミ「2時間で終了」

ちょっとだけ痛みを感じますが、毛抜きで抜くのとほとんど変わらないくらいの程度の痛みになります。
膝の下や肘の下の脱毛は2時間くらいで終了です。
泡脱毛機能を使用してつるつるとした仕上がりもきれいです。
毛穴が赤くなると困りますが、保湿をしっかりとすれば大丈夫です。

ソイエ「ES-ED95」の口コミ「ちょっと痛い」

ちょっと痛いかもしれませんが、短い時間で毛抜きをするよりもきれいです。
角質ケアがすごく良いですよ。
とてもキレイになるのでついやりすぎてしまうことがありますが、それだけ痛みを感じることもあるので注意しなければなりません。
痛みは多少ありますが、その分お肌はつるつるにきれいになるので、肌荒れには注意しなければなりません。

脱毛器ソイエ「ES-ED62」

・発売日…2015年5月1日
・価格…14,100円(税抜)
・カラー…グリーン
・付属ヘッド…アシ・ウデ用脱毛ヘッド、ワキ・ビキニライン用脱毛ヘッド
・使用できる部位…脱毛・除毛
・両腕、両足、両わき、ビキニライン 【角質ケア】なし
・防水機能…あり
・本体サイズ…高さ12.6×幅5.5×奥行4.1cm
・重さ…約170g(アシ・ウデ用脱毛ヘッド装着時)
・充電時間…約1時間
・連続使用時間…約40分
・コードレス

ES-ED62は脱毛専用器です。
防水で泡脱毛はできるのですが、角質ケア、シェービングはできません。
元々のソイエの機能とよく似ています。

お風呂で使えるソイエであれば他に機能は要らないという方はES-ED62でOKです。
値段も安いのでおすすめです。

10,000円以下で抑えたいと思うのであれば、ソイエES-ED62になりますね。
ソイエES-ED95は多機能で使い勝手もとても良い商品です。
シェーバーを自前で持っていなかったり、膝、ひじの角質ケアはあまりしないという方はには特におすすめです。

脱毛器ソイエ「ES-ED97」

・電源方式…充電式・コードレス
・電源・電圧…AC100~240V(自動電圧切替付) 50-60Hz
・消費電力…約5W(充電時)
・充電時間…約1時間(室温15~35℃)
・連続使用回数…1回のフル充電で約40分間使用可能(常温下<5~35℃>でドライ脱毛※1した場合の目安)
・使用電池…リチウムイオン電池
・脱毛
・除毛
・角質ケア
・ヘッド…アシ・ウデ用脱毛ヘッド/ワキビキニライン用脱毛ヘッド
・シューバーヘッド
・コーム
・音波スクラブヘッド
・角質クリアヘッド
・使用できる部位…ウデ/アシ/ワキ/ビキニライン
・角質ケア…ひじ/ひざ/デコルテ/かかと

・機能…音波スクラブ
・泡脱毛
・ドライ脱毛
・ダブルディスク
・やわ肌ガード
・スピード切替
・LEDライト…0.5mm※4の短い毛にも対応
・防水…お風呂で使える防水式
・海外使用
・本体寸法…高さ12.6×幅5.5×奥行4.1cm
・質量…約170g
・コードの長さ…約1.8m(ACアダプター)
・生産国…中国製

ソイエは次のような方は使用しないで下さい。

アトピー性皮膚炎、湿疹といった皮膚疾患のある方、アレルギー体質の方、衣類や金属にかぶれやすい体質の方は使用に注意が必要です。
また、静脈りゅう(瘤)、糖尿病、血友病といった方や出血の止まりにくい方、今までに脱毛、脱毛器、ワックスによってお肌トラブルを引き起こしたことのある方は使用しないでください。

このようにソイエとはいっても色々な種類のものがありますので、是非試してみてくださいね。


ソイエとは、ソイエの最後のまとめ

現行のソイエは2015年5月に発売されたものです。
初代ソイエは現在から10年以上前に販売されて、CMの影響などもあり爆発的な人気が出ました。

それからバージョンアップを重ねて現在に至っています。
値段の安さ、毛抜きを手軽にそして短時間でできるというのが非常に高い人気を誇る理由です。

ソイエを使用したことがある人であれば、あの痛みを経験していると思います。
この記事ではソイエを使用したワキ脱毛によるお肌への影響、痛みなどについてご紹介します。

結局、ソイエって?

ソイエというのは家庭用脱毛器ですが、最近の風潮からイメージする脱毛器というのは永久性がありムダ毛が生えてこなくなるというものだと思います。
しかし、ソイエは永久性のある脱毛器ではなく電動式の毛抜きのようなものです。

電気で動く毛抜きですので、ムダ毛はきれいになくなるのですが、しばらくするとまた生えてきます。
そのため、永久性はありません。
また、毛抜きみたいに1本1本抜くというのではないので、ローラーを使用して一度にまとめてがっつり抜きます。
つまり短時間で処理できるのですが、同時に痛みも伴うことになります。

デメリットもありますが、とにかく安く手軽に、そしてムダ毛を毛根から抜くことができるので、人気は衰えません。
新シリーズが出るたびに購入をしている女性もいるくらいに完成度が高いのです。
現在のソイエは、ただ脱毛するだけではありません。
お風呂で使える、角質ケアができるとった機能が搭載されているのです。

ソイエの泡脱毛は丁寧に抜ける

ソイエには防水加工が施してありますので、お風呂の中で使用することもできます。
ソイエのヘッドにボディソープを垂らしてスイッチを入れるとボディソープが泡立つので、その状態で肌にあてて脱毛します。

こうするとお肌が泡で潤った状態なので痛みはもちろん、刺激も非常に少なくドライ脱毛よりも優しく脱毛できるのです。
また、泡がムダ毛を絡め取ってくれるのでムダ毛をとても丁寧に処理できます。

ソイエはひじやひざなどの角質除去も可能

ヘッドを音波スクラブヘッドに変えることで、ひじやひざなどの角質が気になっている部分のケアもできます。
音波スクラブヘッドは円形ブラシになっていますので、くるくる回転します。
中央にボディソープとお水を入れてスイッチを入れるとふわふわの泡ができるので、そのままブラシをお肌にあててくるくる回転させながらマッサージすると角質除去が可能です。

脱毛前にこれをやっておくことによって、埋もれ毛をぐっと起き上がらせることができるので、きれいにムダ毛のケアが可能になります。
もちろんかかとの角質ケアもできます。
最近、かかと角質ケアがとても流行っているのですが、ソイエにはやすりのような角質ケア専用ヘッドもついています。
これを使用することで、角質やたこなどをケアすることが可能になります。
角質ケア用ヘッドは本格的なものですので木材もしっかり削れるくらいに強力なものになっています。
電動式の毛抜きというのは間違いありませんが、さらに優しく脱毛ができ仕上がりがキレイになる機能が搭載されているというのがこのソイエ特徴です。

お肌の潤いを守りながらもムダ毛を根本からしっかりと優しく引き抜くという仕組みです。
この仕組によってお肌への負担も少なく、そして毛が残ることによるチクチクとした感覚もありません。

複数の毛を効率よくとらえることで、スピーディーに脱毛できます。
時間はかからず手間もかからず、しっかりとムダ毛処理できるというのは嬉しいですよ。
さらに、使いやすさや安全性、デザイン性にもこだわりがあります。

ソイエはお肌に優しい。だから人気です。

ソイエが肌に優しいのには秘密があります。
パナソニックの脱毛器 ソイエは、ムダ毛を抜く家庭用脱毛器です。
普通の毛抜きのようにお肌に負担がかかってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、ソイエにはお肌を優しくケアしつつムダ毛を抜く特徴があります。

ソイエがお肌に優しい脱毛の秘密

まず1つ目は、お肌に接する表面の金属部に対して搭載されているやわ肌ガードです。
通常の毛抜きで毛を抜いた時にはムダ毛と同時に毛穴周辺のお肌まで引っ張り上げることで、毛を抜いた後もお肌は盛り上がったままになります。
そして毛穴も開いたままです。

このお肌を引っ張り上げる行為が毛抜きによるお肌トラブルの原因となっています。
開いた毛穴から雑菌が入り込んで炎症を起こしやすくするのです。

また、毛穴周りで盛り上がったお肌というのは毛穴の凹凸をひどく目立たせます。
さらに、逆に毛穴を完全に塞ぐことによって表面に出られなくなった毛が皮膚の中で伸びてしまう埋没毛の原因にもなります。

もちろん、お肌を無理に引っ張るというのはお肌に相当な負担になります。
そのため、肌荒れを起こす他、何度も繰り返しているうちに色素沈着を引き起こしてワキにどんどんと黒ずみができます。

ムダ毛が無くなったとしても黒くて汚らしいワキになってしまうのでは意味がありません。
ソイエのやわ肌ガードは、毛を抜く部分をしっかりと挟むように設置されているので、これが毛穴周りのお肌を優しく押さえることによってお肌を引っ張り上げることもなく、ムダ毛だけをスムーズに引き抜くのです。

さらに、このやわ肌ガードの働きがお肌の負担、痛みを最小限に抑えることができ、快適な脱毛ケア、仕上がりを実現できるのです。
脱毛をした後にワキがヒリヒリすることもありません。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

おうちホームステイを体験してきました。おうちホームステイは詐欺?怪しい?などの口コミが多いため敬遠されがちですが、山内勇樹が開発したおうちホームステイの費用なども考えたうえでおすすめしていきます。是非1度おうちホームステイの動画講座を受講してみてください。

3

目次1 フルーツ青汁の選び方。ダイエットや美容におすすめ!2 フルーツ青汁とは?3 フルーツ青汁の選び方、3つの大事なポ ...

-ソイエ, 脱毛, 脱毛器
-, , ,