ひぽぽたます

Life is one time only

青汁

おいしい青汁が大人気!その効果に迫る!

投稿日:2018年3月20日 更新日:

青汁というのは非常に多くの種類のものが販売されています。
この種類の多い中から、特に美味しく飲みやすい青汁はどのようなものなのか、と迷っている方も多いと思います。
青汁がおいしいのかどうかで、毎日飲んでも苦痛ではないか、毎日続けられるのかに直結しますので、おいしい青汁選びはとても重要です。

青汁でおいしい!といえばおいしい青汁です。
このおいしい青汁について詳しくご紹介します。

おいしい青汁がどのような商品で、飲むとどのような効果があるのかなど詳しくご紹介していきますので参考にしてみてください。

おいしい青汁って?

おいしい青汁の機能性関与成分名をご紹介します。
難消化性デキストリン(食物繊維)です。

原材料は次のようになっています。
・野菜汁(にんじん、ケール、青シソ、ブロッコリー、あしたば、セロリ、クレソン、キャベツ、パセリ)
・りんご果汁
・難消化性デキストリン(食物繊維)/乳酸
・クチナシ青色素
・ベニバナ黄色素

栄養成分表示>125mlあたり
・エネルギー/48kcal
・たんぱく質/0g
・脂質/0g
・炭水化物/14.9g(糖質/9.3g、食物繊維/5.6g)
・食塩相当量/0~0.1g

おいしい青汁について

森永の「おいしい青汁」は、公式サイト以外においては口コミがほとんど見当たらないのが特徴です。
実はこのおいしい青汁という名前の青汁商品というのは、いろいろなメーカーから販売されています。
10種類近く販売されていました。
他のおいしい青汁の口コミ情報は簡単に見つけることができるのですが、こちらのおいしい青汁の口コミ情報はかなり少ないのです。

それもそのはずです。
実は、こちらの商品は、2017年7月3日に発売されたもので、比較的新しいのです。


森永製菓 おいしい青汁の魅力

森永製菓のおいしい青汁の魅力をご紹介します。
まず安心と美味しさにこだわられていることです。
また、1日の野菜不足分を補えますし、1日の食物繊維不足分を補えます。
難消化性デキストリンを配合しており、すべて安心安全な工場で作られています。

安心と美味しさにこだわられている

森永製菓「おいしい青汁」では産地、美味しさにこだわられています。
使用されているケールは、北アルプスに囲まれている八ヶ岳の農場から主に収穫されているものです。

国産の採れたて新鮮な10種類の野菜、そして果物は山梨県に運ばれていき、フレッシュな状態のままで美味しさと栄養をギュッと詰め込んでいます。

使用している野菜

ケール、明日葉、ブロッコリー、クレソン、パセリ、キャベツ、青紫蘇、セロリ、人参、リンゴです。
これらは全て国産のもので、砂糖や食塩、保存料といったものは使用されていません。

使われている水は、冨士山麓の地下水となっています。
野菜の甘みを感じやすく、85%の人がおいしいと評価したほどに美味しくなっているのです。

1日の野菜不足分を補える

野菜は、毎日350g以上摂取することが目標とされています。
しかし、現代の日本人の平均摂取量は294gなので、不足状態です。
森永製菓 おいしい青汁を飲めば、1本で1日65gの野菜を補給することができます。

また、1日の食物繊維不足分を補えます。
健康的に排便するには、男性の場合であれば1日あたりに20g以上もの食物繊維が必要となります。
しかし、現代人の平均摂取量は約15gです。
5gも足りていません。
野菜だけで5gの食物繊維を摂ろうとすると、食物繊維の多いレタスなら1玉、ごぼうであれば1/2本です。
そんな食物繊維不足も、森永製菓 おいしい青汁であれば1日に必要な食物繊維を補うことができるのです。


嬉しい成分がたっぷり配合されている

森永製菓 おいしい青汁には、難消化性デキストリンが配合されていますので、次のような効果を期待することができます。

脂肪の吸収を抑えて、排出が増加します。

また、糖の吸収をおだやかにすることもできます。
お腹の調子を整えます。
難消化性デキストリンとは、とうもろこし由来の水溶性食物繊維ですので、腸内で働くことでこれらの機能を期待することができるわけです。
難消化性デキストリンを摂取すると、排便回数、排便量を増加させることによっておなかの調子を整えることができます。
スッキリと快調な毎日を目指したい、という人にとてもおすめです。

現代は脂質摂取量が増加しています。

難消化性デキストリンは、脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるので食後の中性脂肪の上昇をゆるやかにしてくれます。
難消化性デキストリンは、脂質の摂取量が増えがちな食生活における非常に強い味方になってくれます。

食事で糖を摂取すると、通常であれば小腸から血中にすぐに吸収されますので、血糖値が上昇します。
しかし、難消化性デキストリンを摂取した場合、糖の吸収が押さえられて血糖値の上昇もゆるやかになるのです。
食事をしながら血糖値のケアをすることができます。

このようにおいしい青汁はとても魅力的な商品です。
食前、食中などに摂取するだけでとても手軽に1日に必要な栄養素を補給できますので、是非試してみてはどうでしょうか。
とても手軽に使用できるので、毎日の食生活におけるサポート役として、そして健康維持のために役立つこと間違いありません。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

ひぽぽたますではテンプレート「AFFINGER(アフィンガー)」を利用しています。今まで数々のテンプレートを利用してきて ...

3

新たな仮想通貨である、m-plusコイン(エムプラスコイン)のICO・トークンセール情報が入ってきました。次から次に新し ...

-青汁
-,