ひぽぽたます

Life is one time only

青汁

青汁なら大麦若葉が入っているのがおすすめの理由

投稿日:2018年3月22日 更新日:

大麦若葉がなんとなく身体に良いということは知っているものの、何がどのようにすごいのかはわからないという方も多いと多います。
食物繊維が含まれているのでダイエット効果があると思われる方もいるでしょう。
確かに間違ってはいませんが、大麦若葉には、酵素やミネラルの働きによって脂肪代謝の促進をすることができるといわれています。

つまり、食物繊維だけでなく、プラスαの効果によって無理のない健康的なダイエットができるということなのです。
そんな大麦若葉の魅力をしっかりと確認していてください。

大麦若葉の抗酸化成分

青汁の原材料として非常に広く使用されている大麦若葉とは、イネ科の植物です。
大麦の若葉を指します。

葉野菜独特の臭みや苦味、さらにはクセが少ないですので、子供でも簡単に飲める青汁として、非常に多くの青汁の原料として採用されています。

大麦若葉は食糧危機を救うともいわれています。
麦の葉というのは食物繊維やビタミン、ミネラルなどといった栄養素はもちろん、糖質やタンパク質、さらには脂質まで含んでいますので、食糧危機を救うともいわれているのです。

大麦若葉は、抗酸化、抗炎症、解毒作用を持っているクロロフィルや活性酸素の除去効果を持つ酵素SOD、ポリフェノールも豊富に含んでいます。
栄養補給や健康維持、ダイエットに体質改善といったものにもおすすめです。

大麦の中で若葉が使用されるのはどうして?

大麦というのは、草丈20cmの若葉頃が栄養価が特に高く、草丈60cmに比べるとタンパク質の量、カルシウム、カリウムは非常に高いです。

栄養素は一つだけよりおまんべんなく取り入れる方が身体というのはとても喜びます。
大麦若葉の特徴は、青汁の原料に用いられているケールや桑の葉、明日葉に比較すると栄養バランスが優れているのです。

栄養素は一つだけ突出していたとしてもうまくは機能しません。
そのため、全体の栄養素を底上げしてくれる大麦若葉の青汁というのは即効性が感じにくくなるものの、長期的に見ると健康維持には非常に適した青汁原料と言えます。

あらゆる病気は、私たちの体の中にあるミネラル、酵素、ビタミンなどのバランスの悪さによる物質、老廃物を体外に排出して、無毒化する力を身体自体につけられるのが大麦若葉なのです。


大麦若葉の便秘やダイエット効果

大麦若葉は腸内清掃に最適です。
便秘改善効果や整腸作用が優れています。
大麦若葉の粉末100gあたり、41.1gの食物繊維が含まれているのです。
食物繊維によって、腸を刺激して排便を促進させることができるのです。

現代人というのは、過食や消化負担の大きい食べ物を多く摂取するという傾向にあります。
胃腸はフル回転で酷使することによって働きが弱くなるのです。

すると、腸内に消化しきれないものが蓄積されるので腸内環境が悪化したり悪玉菌の増殖によって大病を発症することもあります。
青汁は腸を刺激して宿便を排泄するうえで効果を発揮するのです。

デトックス効果

食物繊維やクロロフィルというのはコレステロール値を抑制する働きがあります。
食物繊維は胆汁酸、などの排出を促進することも知られています。
クロロフィルには、有害物質を排出する働きもあります。
大麦若葉は、いらないものは体外へ排出し、腸内環境を整えるので腸内の掃除係のようなものです。

ダイエット効果もまた忘れてはなりません。
褐色細胞活性化で脂肪燃焼効果を高めることができます。

ダイエットといえば、食事制限をしたりカロリーの摂取量を少なくするというのが一般的ですが、大麦若葉によるダイエット効果というのは低カロリーであり、細胞レベルでのダイエット効果を促進できます。

人の体には、首の後、肩甲骨辺りに褐色脂肪細胞があります。
この褐色脂肪細胞内にはチトクローム酸化酵素という酵素があり、この酵素の働きが良くなると脂肪燃焼効果、脂肪代謝効果を高めることができます。

大麦若葉に含まれるミネラルやビタミンというのはチロクローウ酸化酵素を活性化させることに繋がります。
それにより、加齢に伴って褐色細胞の減少、活性化低下を防ぐことができます。

甲状腺機能を高めて脂肪を燃焼

体の脂肪が増えると、甲状腺ホルモンの分泌によって脂肪代謝が促進されます。
しかし、ミネラルやビタミン不足のために身体が酸性に偏ってしまいます。

すると、甲状腺機能が低下するので正常にホルモンの分泌が行われなくなってしまいます。
大麦若葉は食材の中でも高いアルカリ性の野菜ですので、酸性に偏っている身体を正常化することができるのです。
体液の酸性が中和されると、甲状腺機能も活性化されますので摂取し続ければ無理なく不要な脂肪を燃焼させることができるのです。

さらにヨードをプラスすると効果は倍増です。
大麦若葉とともに甲状腺ホルモン生成に必要不可欠なヨードを摂取すると効果的です。

このように大麦若葉に含まれる栄養素というのは非常に優れています。
そのため、これから青汁を摂取しようと思っている方は、その青汁に大麦若葉が使用されているのかどうかを確認してみてください。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

おうちホームステイを体験してきました。おうちホームステイは詐欺?怪しい?などの口コミが多いため敬遠されがちですが、山内勇樹が開発したおうちホームステイの費用なども考えたうえでおすすめしていきます。是非1度おうちホームステイの動画講座を受講してみてください。

3

目次1 フルーツ青汁の選び方。ダイエットや美容におすすめ!2 フルーツ青汁とは?3 フルーツ青汁の選び方、3つの大事なポ ...

-青汁
-, , ,