ひぽぽたます

Life is one time only

青汁

青汁をお湯で飲みたいけど

投稿日:2018年4月5日 更新日:

青汁をお湯で飲みたいものの青汁をお湯で飲んで成分などは変わることはないのか疑問に思われる方も多いと思います。
なぜ加熱処理の青汁は栄養価に大きな変化はありません。
既に処理がされた青汁で変化が起きることは極めて少ないです。

青汁は多くの場合製造過程において熱処理をされていますので、栄養成分表示では化熱処理後の栄養価が表示されています。
そのためホットで飲んでも栄養価に大きな変化はないと言われています。
胃腸が強くない方、冬に体を温めたいという方にとって青汁お湯で飲むのはとても効果的です。
熱処理がされていながら栄養価も高い青汁としておすすめなものはいくつかあります。
中でもおすすめなのは神仙桑抹茶ゴールドです。
とても飲みやすくて人気の青汁です。



非加熱処理青汁は栄養価が下がる

非加熱処理の青汁はお湯で飲むことによって栄養価が下がることがあります。
特にビタミンB群やビタミンCさらには酵素といったものを中心として栄養価が下がってきます。
青汁メーカー夜中でも熱に弱いビタミン B 群やビタミン C などの栄養価を残す目的で非加熱処理前の製造がされている青汁も少なくありません。

非加熱処理の汁は加熱すると熱に弱いビタミンや酵素が著しく減少してしまいます。
そのため栄養成分表に表示されている栄養価よりも低い青汁を飲むことになってしまいます。
その一方で熱に弱いビタミンB群やビタミンCなどの栄養価を残す目的で加熱処理で製造されている青汁もあるのです。

非加熱処理の青汁って?

非加熱処理の汁は加熱すると栄養価が減少してしまうのですが温かいお湯であれば問題はないと言われています。
熱に弱いビタミンもお湯程度では大きく減少するわけではなく、60度で壊れ始めます。

茹で野菜の場合はお湯に栄養素が流れたしていますが青汁の場合には流れていった栄養素をそのまま飲むことになりますし、しっかりと水洗いをした時に減少する栄養素があったりと、野菜が持っている全ての栄養素を摂取できるわけではないのでそこまで神経質になる必要ないでしょう。

短時間の加熱ではビタミンなどはほとんど破壊されないので読める程度のあれであればそこまで気にする必要はありません。
また青汁に豊富に含まれるビタミンAやビタミンKといった脂溶性ビタミンや食物繊維などは熱に強いので栄養素が減少することはありません。



お湯割りを作る時の注意点は?

青汁をお湯割りで飲む時にはいくつか注意点があります。
まず高温長時間加熱には注意してください。
短時間の加熱であれば栄養価に影響を大きくありませんが、長時間ともなると話は別です。
加熱時間が長ければ長いほど栄養価は破壊されてしまうことになります。

非加熱処理の青汁だけではなく加熱処理の場合も含めて高温での加熱、長時間の加熱は栄養価を下げてしまう可能性があるので十分に注意してください。

青汁の作り置きには注意が必要

青汁の作り置きには注意が必要です。
青汁の作り置きをしていると参加してしまい栄養価がどんどん壊れてしまいます。
青汁を温めて冷めてきてから再び温めるというのことはしない方が良いでしょう。
常温で飲む場合も含めて青汁を作ったら作り置きせずになるべく早く飲むようにしてください。

青汁をお湯割りにするメリット

冷たい青汁駅に飲むと体温が下がって体が冷えてしまったり、胃腸が弱い人は胃腸壊してしまうなどのデメリットがあります。
青汁のお湯割りであればそのような心配もなく体にとても優しいの味方になります。
味が気になる方はすりおろした生姜など入れるようにしてください。

また安眠を促す効果もあります。
寝る前に青汁を飲む場合は冷たい青汁よりもホット青汁でリラックスして眠れるように促してあげるといいでしょう。
このよう青汁のお祝いはデメリットばかりではなくメリットもたくさんありますので、温かいお湯程度の温度であればホット青汁は健康的な生活を手に入れるうえでとても効果的なのです。

血糖値の上昇を抑制する

青汁の原料としてよく使用される経路や大麦若葉などといった野菜は血糖値の上昇を抑制する効果があります。
また食物繊維も豊富に含まれていますので、主食を食べた時に糖質や脂質の吸収を穏やかにしてくれます。
そのため様々な生活習慣病の予防に役立つのです。

また食欲を抑えて食べ過ぎを防ぐ効果もあります。
現代人は食べ過ぎで病気になる人も増えていますしダイエットなどの食事制限をされているのであれば体型を維持する、健康のために食べ過ぎは避けたいと思います。

青汁には不溶性食物繊維が豊富に含まれていますので食べ過ぎを防ぐことができます。
重要性食物繊維が体内に入ると何倍にも膨らむことによって食欲を抑制してくれます。
そのため、食事の前に飲むと食べ過ぎを効果的に予防できます。

青汁を飲んで効率よく健康的な身体を手に入れたい、できるだけ無理なくシェイプアップしたいと思われるのであれば、是非青汁を食事中、食前など良いタイミングで飲むようにしてください。
また青汁をホットで飲むことで身体に良い影響を与えることもできますので、試してみてはどうでしょうか。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

おうちホームステイを体験してきました。おうちホームステイは詐欺?怪しい?などの口コミが多いため敬遠されがちですが、山内勇樹が開発したおうちホームステイの費用なども考えたうえでおすすめしていきます。是非1度おうちホームステイの動画講座を受講してみてください。

3

目次1 フルーツ青汁の選び方。ダイエットや美容におすすめ!2 フルーツ青汁とは?3 フルーツ青汁の選び方、3つの大事なポ ...

-青汁
-