ひぽぽたます

Life is one time only

青汁

コストコの青汁っておいしいの

投稿日:2018年4月6日 更新日:

青汁はとても手軽に購入することができます。
コストコでも販売されています。

大麦若葉粉末 無添加100%青汁

山本漢方製薬 大麦若葉粉末 無添加100%青汁 3グラム×28包×6袋
購入時価格 3,598円

青汁と聞いた時に「まずい!もう一杯!」というCMを思い浮かべる方も多いと思います。
美味しくはないものの、健康にとても良い飲み物として日本人にとても定着してきたのが10数年前だったでしょうか。
まず青汁という名前がすでにかなり不味そうですよね。

一時期、青汁といえば罰ゲームなどに感覚で扱われることも多かったのですが、最近では美味しい青汁、抹茶味の青汁など飲みやすさをうりにしている商品が売却されているのです。
美味しい上に健康に良い飲み物と思うと敷居が低く感じると思います。
今まで青汁は健康の為に我慢して飲むものであると思われているのですが、気軽に野菜不足を補給できるのならそれも悪くないでしょう。

子供も飲める

この商品に至っては野菜嫌いのお子様にも飲めるもの、野菜不足の改善に効果的だと大きくパッケージにも記載されています。
青臭さに特に敏感な子供が飲んでくれるというのはとても魅力的だと思います。

葉物野菜が高騰しているので頻繁に購入できません。
その上子供も偏食しがちで野菜をなかなか食べてくれないとなると困ると思います。

最近売られている青汁というのは粉末のスティックタイプです。
そのため、溶かして飲むものが主流ですのでメーカーにもよるのですが30包入りで3,000~5,000円程度が相場となっています。

1日1包ペースだとおおよそ1ヶ月分飲むことができてこの価格というのはとても魅力的です。
定期購入などでもう少し安くなったりすることもあるのですが、印象としてはやはり高額です。
しかし健康のために気軽に栄養分を摂取できると思えば悪くない価格といえます。



コストコで買う青汁

今回コストコで購入した大麦若葉粉末無添加100%青汁という商品は、スティックタイプが28包が6袋です。
全部で168包入っているので3,598円です。
1包21.4円ですので1日1包だとこれ一箱でおおよそ半年分持つのです。

この商品の価格だけ見ると、高額か安いかというのはよくわからないと思います。
他メーカーの同様の商品と比較をしてみるとかなりお得だと思えると思います。
青汁売上メーカー4年連続で1位にもなっています。
外装パッケージにプレゼント券が付属されているので、その券をハガキに貼って送ると22包プレゼントしてもらうことができます。

どんな特徴があるの?

この商品、コストコだからこんなに安いだけであってドラッグストアなどにも販売されています。
これも他メーカーの青汁から考えるとかなり安いのですが、コストコで同じような商品を、市場価格の半額で購入できますのでコストコはとても安いのです。

大麦の新芽若葉を寒期において一つずつ手で選別しているので、水洗いもして乾燥や殺菌、微粉末加工を行っているので非常に品質が高いのです。
大麦若葉は青汁の中でも匂いというのは味といったものにクセがありません。
とても素朴でシンプルな味の抹茶風味になっているのです。

生野菜に比較するととても簡単で便利な100%青野菜素材によって作られています。
健康的で魅力的な各種成分が含まれていて魅力ある青野菜を目的とした青汁です。

青汁は、使われている野菜によって含まれる栄養成分も異なります。
基本的にケールが主体になっているのか、大麦若葉が主体かの違いがあります。

この商品で使われている大麦若葉は葉緑素だけでなく様々な栄養分が含まれています。
食物繊維、ビタミンE、カルシウム、葉酸などが豊富に含まれており、1包3グラムの中には生の大麦若葉約39グラム分が含まれています。
箱を開けてみるとお、青汁粉末スティックが28包はいった袋が6つです。
ドリンクシェ-カーもついています。
袋一つ一つに、保存料着色料無添加、さらには農薬不使用と記載されています。

飲み方は、3グラム入った粉末スティックにしっかりと記載されています。
基本的に水や豆乳などに溶かして飲むのですが、アレンジの仕方は自由です。

特に飲む推奨時間などもありませんし、水の量、温度も制限はありません。
美味しい飲み方としてバナナシェイクに入れたり、インスタントスープに混ぜるのもおすすめです。

まずは水に溶かしてシェーカーでシェイクするのが一般的な飲み方です。
封を開けた時に抹茶のような良い香りがします。
粉も細かいのでシェイクしたらすぐにとけていきます。

普段の生活の中で手軽に実践することができる青汁ですが、できるだけコスト面などにおける負担を小さくしたいと思うのであれば、コストコもおすすめです。
どこでも手軽に購入できる青汁ですので、特に毎日続けることを考えると、コスト、栄養面、飲みやすさというのは重要視する必要があるのではないでしょうか。



今1番よく読まれている記事

1

10年以上SEO対策という業務に携わってきた。僕は営業代理店出身の為、SEOを広告?として売る事が始まりだったが、直ぐに ...

2

ひぽぽたますではテンプレート「AFFINGER(アフィンガー)」を利用しています。今まで数々のテンプレートを利用してきて ...

3

新たな仮想通貨である、m-plusコイン(エムプラスコイン)のICO・トークンセール情報が入ってきました。次から次に新し ...

-青汁
-